「トヨタ・アイシス」を一部改良、装備充実の特別仕様車も

2005.12.02 自動車ニュース

「トヨタ・アイシス」を一部改良、装備充実の特別仕様車も

トヨタ自動車は、大開口部を持つミニバン「アイシス」を一部改良するとともに、特別仕様車「プラタナ“G-Edition”」を設定し、2005年11月30日に発売した。


【写真上】「プラタナ“G-Edition”」
【写真下】専用内装色フォーンのインテリア

■法規にあわせたレベライザー付

主な改良点は、2リッターエンジンで「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成したほか、全車に対向車への眩惑を少なくする光軸調整用ヘッドランプレベリング機構を採用した点。さらに、オプションのHDDナビゲーションシステムが、G-BOOK ALPHA対応となった。

価格は据え置かれ、1.8リッターモデルが178万5000円から210万円まで、2リッターモデルは189万円から273万円まで。

■専用内装で高級&スポーティに

「プラタナ“G-Edition”」は、スポーティーグレード「プラタナ」をベースとして、室内色に高級感を演出する専用色フォーンを採用するとともに、両側パワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付)を標準設定するなど、装備の充実を図ったモデルだ。
インテリアには、ヒーターコントロールパネルとドアトリムに茶木目調パネル、カップホルダー付セカンドシートセンターアームレストなどを採用。
2リッターモデルでは、ハイグロス塗装のアルミホイール付き16インチタイヤも備わる。

ボディカラーは、専用色グレーメタリックを含む3色。価格はベース車より8万4000円高くなり、218万4000円から228万9000円までとなる。


「MODELLISTA VERSION II for PLATANA」フロントハーフスポイラー装着車

また、福祉車両ウェルキャブについても、ベース車と同様の改良が施された。サイドリフトアップシート車、助手席リフトアップシート車は、シート操作用ワイヤレスリモコンが新型に変更され、操作性の向上が図られたという。

なお、これにあわせ、トヨタモデリスタインターナショナルは、アイシス用カスタマイズパーツ、フロントハーフスポイラー「MODELLISTA VERSION II for PLATANA」を発売した。価格は、塗装済みが4万6200円、塗装なしは4万950円。

(webCG 田中)

トヨタ「アイシス」:
http://toyota.jp/isis/

関連キーワード:
アイシストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」がマイナーチェンジ 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、マイナーチェンジしたミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を発表した。2018年1月8日に販売を開始する。価格は335万4480円から750万8160円までとなっている。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る