【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

2005.12.02 自動車ニュース
 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

2005年の東京モーターショーで正式に市販モデルとして発表された「ブガッティ・ヴェイロン16.4」。1億6300万円(予定)という超高級車、最高出力1001psというモンスターマシンに同乗できる機会が訪れた。舞台は富士スピードウェイ本コース。豪快な走りっぷりを動画でお楽しみ下さい。


左から2人目が「ヴェイロン16.4」の開発責任者である、Dr.シュライバー。この試乗会のためにわざわざ来日した。
 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

■最高速は407km/h!

新生富士スピードウェイに用意された「ブガッティ・ヴェイロン16.4」は2台。世界で合計300台しか生産されないうちの、貴重な2台である。

まず、ブガッティ・ヴェイロン16.4の性能をおさらいしておこう。搭載エンジンは8リッターW16ユニットで、4輪を駆動する。16.4という車名の由来はここにあるわけだ。組みあわせられるトランスミッションは7段のDSG。



 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

最高出力1001ps/6000rpm、最大トルク127.6kgm/2200-5500rpmというモンスターユニットを持つマシンのパフォーマンスは、最高速407km/h、0-100km/h加速わずか2.5秒というもの。
前後ダブルウィッシュボーンのサスペンションに、ミシュランPAXシステムを採用したランフラットタイヤを装着。前400mm/後380mmという大径のブレーキディスクローターは、それぞれ8ポッド、6ポッドのピストンがあてがわれ、強力な制動力を発揮する。


【W16エンジンがうなる!】
「ブガッティ・ヴェイロン16.4」の美しい造形、そして豪奢なインテリア。対してどう猛なW16エンジンと、その走りの模様を動画でご覧下さい。



(撮影/編集=webCG関)
 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

■3種類ある走行モード

走行状況に応じて、3種類のエアロダイナミクスのモードが用意される。通常走行(といっても220km/hまで対応)の「スタンダード」、高速でのハンドリングを高める「ハンドリング」、そして375km/h以上を目指す「トップスピード」だ。それぞれ、車高やディフューザー、スポイラーの角度が変わる。
なお、ハイスピードモードに変更するには、車両を一旦停止させ、サイドシル付近にあるもう一つの鍵穴に専用のキーを差し込まなければならない仕組みである。また急減速時には、速度や減速Gに応じてリアスポイラーが跳ね上がり、エアブレーキも使用される。

次々と行われる体験試乗はそれぞれ2周ほどだが、ピットイン毎にドイツ人エンジニアが車両をチェック。さらに、頻繁にガソリン給油がなされていた。100リッターもある燃料タンクはすぐに空になってしまうらしい。


コンピュータをつなげて、車両の状態をチェックするドイツ人エンジニア。タイヤの空気圧や温度、ブレーキの減りも確認する。
 
【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編)

さて、そろそろリポーターの乗り込む順番である。
(後編へつづく)

(webCG 本諏訪)

【関連記事】
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
ブガッティ・ヴェイロン16.4:ついに量産に漕ぎ着けたヴェイロンが幕張に登場
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017385.html
【東京モーターショー2005】ブガッティ・ヴェイロンは1億6300万円 300台限り!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017335.html

関連記事
  • エルメスデザインの「ブガッティ・ヴェイロン」は2億7800万円【ジュネーブショー08】 2008.3.6 自動車ニュース ブガッティがジュネーブショーで発表した「Bugatti Veyron Fbg par Hermès」は2億7800万円。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開NEW 2017.5.26 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。
  • 「キャデラックCTS-V」によりスポーティーな限定車登場 2017.5.25 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月25日、「キャデラックCTS-V」に特別仕様車「カーボンブラックパッケージ」を設定し、同年6月4日に4台の台数限定で発売すると発表した。価格は1490万円。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
ホームへ戻る