価格差600万円以上!超高級車「マイバッハ」の高性能モデル、オーダー受付中

2005.12.01 自動車ニュース
 

価格差600万円以上!超高級車「マイバッハ」の高性能モデル、オーダー受付中

ダイムラー・クライスラー日本は、最高級大型乗用車たる「マイバッハ」のハイパフォーマンスバージョン、「マイバッハ 57 S」のオーダー受付を、2005年11月30日に始めた。納車は2006年中頃の予定。

 

「57」と「62」、ボディの長さにより2種類あるマイバッハのうち、全長5.7mの57をベースとするこのモデル、メルセデスでいえばAMGのような高性能チューンがなされた仕様である。

エンジンは、ズバリ、メルセデスAMGとの共同開発。既にある5.5リッターV12ツインターボの排気量を6リッターまで拡大し、最高出力は61psアップの612ps/4800-5100rpm、最大トルクは10.2kgm太くなり102.0kgm/2000-4000rpmと「圧倒的な動力性能を実現しています」(プレスリリース)。

これにともない、サスペンションなど足まわりも強化。専用タイヤと20インチ11スポークアルミホイール(!)が足もとを飾る。

さらにESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)やASR(アクセレレーション・スキッドコントロール)の制御の最適化や、ブレーキシステムの強化などが行われたという。

価格は、ベース車より600万円上(!!)高く、左ハンドル仕様が5008万5000円、右ハンドルは5148万1500円となる。

(webCG 有吉)

 

マイバッハ:
http://www.maybach-j.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 特別な「メルセデスAMG SLC43」の受注がスタート 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、特別仕様車「メルセデスAMG SLC43 RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る