日産、「スカイライン・クーペ」マイナーチェンジ、その他モデルを一部改良

2005.12.01 自動車ニュース
 

日産、「スカイライン・クーペ」マイナーチェンジ、その他モデルを一部改良

日産自動車は、「スカイライン・クーペ」をマイナーチェンジするとともに、「スカイライン・セダン」「ステージア」「セドリック・セダン」「クルー」各車の一部に改良を施し、2005年11月30日に発売した。

 

スカイライン・セダンの2ドアバージョンであり、北米では高級販売チャンネル、インフィニティの名で販売されているスカイライン・クーペ。今回、内外装や装備の変更、乗り心地の改良などが行われた。

外身では、ヘッドランプ、フロントバンパー、リアコンビランプなどの意匠をちょっと変更。車内では、ドアアームレストにステッチを追加、スピーカーリングのアルミ化、プラズマクラスターイオンフルオートエアコンの全車標準装備などが行われた。

サスペンションには、「フーガ」で採用した、ピストンスピードに応じて機械的に減衰力を調整する機能を付けた「デュアルフローパスショックアブソーバー」を付与、乗り心地とコーナーでの安定性の向上を図った。

グレードは上級「350GTプレミアム」のみとなり、5段ATモデルが363.3万円、6段MT版は378.0万円。
オーテックジャパンが手がける同車の福祉車両、下肢に障害のある方向けの「オーテックドライブギアタイプe(電子制御式運転補助装置)」装着車も引きつづき販売される。

なおスカイライン・セダン、ステージア、セドリック・セダン、クルーへの改良は、装備面での小変更程度にとどまっている。

(webCG 有吉)

 

日産自動車「スカイライン」:
http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/
V35/0511/CONCEPT/main1.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る