【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm/ホイールベース=2490mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.6リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)

ダイハツ・ムーヴ/ムーヴカスタム【試乗記】

ダイハツ・ムーヴ/ムーヴカスタム 2007.03.31 試乗記 ……101万8500〜135万9750円/116万5500〜167万4750円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

ダイハツの選択

【復習:こんなクルマ】

ダイハツが「軽自動車ナンバーワン」のスズキを超えるべく放った過去最強の刺客。ライバルはいわずと知れたベストセラー、ハイトールタイプの「スズキ・ワゴンR」。すべての面で相手を上まわるべく、徹底した製品改良が行われている。

【ムーヴの○と×】

○:
あらゆる性能向上。スタイル、走り、広さ、質感、すべてでワゴンRを越えていると思われる。唯一、厳しいのはコストパフォーマンスぐらいではないだろうか。それにしてもかなりリーズナブル。
スタイリングは「ベンツAクラス」もかくやという美しいひと筆書きフォルムで、「三菱i」ほどの別物感はないが、過去の“軽自動車っぽさ”は微塵もない。インテリアも今までになく大きな楕円を上下に使ったもので、美しく質感も高い。
エンジンも「ダイハツ・ソニカ」で採用された新設計直3で、一部CVTも設定され、滑らかかつパワフルな加速を得られる。そしてなにより圧巻は、旧型よりも10cmも広げたロングホイールベース。それを最大限に活かした前後シートの広さったらない。まさにリムジン並みの居住性が得られる。マジでオキテ破りだ。

×:
軽自動車業界のバランスを無視しているところ。ハッキリ言ってこれだけできがいいと「トヨタ・ヴィッツ」や「ホンダ・フィット」の一部シェアを食う。すると軽自動車の優遇税制や安い諸経費の問題になりかねない。鈴木修会長、怒るなよぉ〜。でもダイハツはなによりスズキを超えることを選んだ。まさに“仁義なき戦い”!

【コージから一言】

個人的には三菱iの次に欲しい。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

 
ダイハツ・ムーヴ/ムーヴカスタム【試乗記】の画像
 
ダイハツ・ムーヴ/ムーヴカスタム【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る