アウディAG、新型スポーツカー「R8」を2007年にリリース

2005.11.29 自動車ニュース

アウディAG、新型スポーツカー「R8」を2007年にリリース

独アウディAGは、2003年フランクフルトショーでお披露目したコンセプトカー「ルマン・クワトロ」の市販バージョンを、2007年春に市場投入すると、2005年11月に発表した。

ルマン・クワトロは、ルマン24時間レースで勝利を重ねるレーシングマシン「アウディR8」の遺伝子を受け継ぐと謳われたコンセプトモデル。ボディにアルミ押し出し材を組んだ「アウディ・スペースフレーム」を用い、ミドに縦置きされたバンク角90度の5リッターV10はツインターボで過給され、610ps/6800rpmの最高出力と、76.5kgmの最大トルクを1750〜5800rpmにおいて発生。駆動方式はもちろんクワトロこと4WD。0-100km/h加速3.7秒、というプロファイルのスーパースポーツだった。

その市販版は、そのものズバリ「R8」という名前で、2006年秋にネッカースウルム工場からラインオフされ、2007年春には発売される予定。「RS」シリーズなどを手がけたアウディの子会社であるクワトロGmbHが生産を担当する。

そのほか、このスポーツカーの詳細は発表されていないが、フォーリングスのスペシャルモデル、スペック、パフォーマンスとも気合の入ったものであろうことは想像に難くない。

(webCG 有吉)

 
アウディAG、新型スポーツカー「R8」を2007年にリリースの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る