【F1 2005】特急デビュー!トヨタの2006年マシン「TF106」、バルセロナでシェイクダウン

2005.11.28 自動車ニュース

【F1 2005】特急デビュー!トヨタの2006年マシン「TF106」、バルセロナでシェイクダウン

2006年3月のF1開幕戦を3ヶ月以上も前にした2005年11月29日、パナソニック・トヨタ・レーシングは、新しいV8エンジンを搭載した2006年型マシン「TF106」をスペインはバルセロナでシェイクダウンする。




開幕戦直前、あるいは開幕後にニューマシンを投入するチームがあるなか、トヨタは早々にデビューさせる傾向にある。ライバルに先んじてコースを走らせ、マシン熟成を進めることでアドバンテージを得るという考えのトヨタは、今回、11月29日から4日間行われるF1合同テストに、「TF106」を持ち込む。

「我々は2004年の終わりからTF106の開発を始めていた」と明かすのは、トヨタF1のシャシー部門テクニカルディレクターのマイク・ガスコイン。「そして、このように早い時期に新型車を投入できることは、チームの本当の能力を示すものであり、F1の最前線において十分に対応し、さらに進んでいくことができるということを示している」と自信満々だ。


コンストラクターズランキングでフェラーリに次ぐ4位の座についた2005年のトヨタ。表彰台の常連にもなり、初のポールポジションも獲得した。2006年、さらなる飛躍が期待されている。

新型のトピックのひとつはリアセクションだ。V10時代が終焉を迎え、新たに2.4リッターV8エンジンが採用される2006年、エンジン含め特にマシン後部には大きな変更がなされているようだ。

V8ユニット「RVX-06」は、2005年3月21日にベンチテストをスタート。6月末からサーキットで回され、以来通算8日間で2143kmを走破したという。「V8エンジンの開発にあたって、初期トラブルは数多くあったが、それらは我々の努力によって早期に解決された」というのは、エンジン部門テクニカルディレクターのルカ・マルモリーニである。

いっぽうシャシーの前部は、2005年シーズンの終盤2レースに先行投入されたフロントサスペンションなど含め「TF105B」の進化版とか。先ごろ契約締結が発表されたばかりのブリヂストンタイヤなど、開幕へ向けて各コンポーネンツの熟成が図られる。

(文=webCG 有吉/写真=トヨタ自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。