「スバルR1」マイナーチェンジ、スーパーチャージャーエンジン搭載のスポーティ車を追加

2005.11.28 自動車ニュース

「スバルR1」マイナーチェンジ、スーパーチャージャーエンジン搭載のスポーティ車を追加

富士重工業は、2+2の軽「スバルR1」に一部改良を施すとともに、新グレード「S」を追加設定し、2005年11月24日に発売した。

最大のトピックは、4気筒DOHC(54ps)、廉価グレードとして2005年7月に加わったSOHC(46ps)につづき、スーパーチャージャーユニット搭載のスポーティ版「S」が追加されたこと。兄貴分「R2」と同じエンジンで、パワーは64ps、トルクは10.5kgmというアウトプットだ。
組み合わされるトランスミッションは、既存車同様にCVTだが、マニュアル感覚でシフトできる7段のスポーツシフト付きとなる。
装備面では、15インチ7スポークアルミホイール、マフラーカッター、インテグレーテッドMD+CDプレーヤー&AM/FMチューナーなどが標準で備わる。価格は142万8000円。オーディオなしは138万6000円で用意される。

その他の変更は、フロントドアUVカットガラスの採用やドアミラーの視界拡大など、機能性の向上を図るとともに、自然吸気エンジンの平成17年度排出ガス基準75%低減レベル達成により環境性能を強化したことなどだ。

価格は、114万4500円から153万7200円まで。

なお、福祉車両トランスケア「ウィングシート」搭載車も同時に発売された。

(webCG 田中)

富士重工業「スバルR1」:
http://www.subaru.co.jp/r1/

 
「スバルR1」マイナーチェンジ、スーパーチャージャーエンジン搭載のスポーティ車を追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • スバル・プレオ RS 2WD(CVT)【ブリーフテスト】 2001.8.24 試乗記 ……119.5万円
    総合評価……★★★




  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


ホームへ戻る