【スペック】エディバウアー:全長×全幅×全高=4930×1870×1835mm/ホイールベース=2890mm/車重=2230kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC24バルブ(296ps/5750rpm、41.5kgm/4000rpm)/価格=520万円(テスト車=同じ)

フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(後編)】

フルチェンジ級の変わりよう(後編) 2005.11.25 試乗記 フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)……520万円/425万円超ビッグマイナーチェンジと言うのがふさわしい、フォードの新型「エクスプローラー」。後編は、マイナーチェンジにあわせて投入された、新設計V8エンジンの走りと快適性について。

コクピットは高級セダン

このように大小さまざまな変更が施された新型エクスプローラーを、河口湖周辺で試乗する機会を得た。まずは新しいV8エンジンを搭載するエディバウアーから。乗用車ベースのSUVに比べると明らかに高い位置にある運転席に這い上がると、たっぷりしたサイズの本革シートが優しく迎えて入れてくれる。エディバウアーには10WAYの電動シートとともに、ペダル位置が前後できる電動アジャスタブルペダルが装着されるため、自然なシートポジションが得られるのがうれしい。ちょっとしたトラック並みに高いアイポイントが落ち着かないが、それを除けばコクピットは高級セダンのよう。アグレッシブな外観とは正反対だ。

さっそくATのセレクトレバーをDレンジに入れてスタート。さすが4.6リッターのV8だけあって、2230kgの重量級ボディをいとも簡単に発進させた。舗装路では235/65R18のM+S(マッド&スノー)タイヤがややスムーズさを欠き、路面によってはドタバタすることもあるが、乗り心地そのものは適度な硬さを保つ。徐々にスピードを上げていってもその印象は変わらない。ちょっとしたコーナーや高速道路も試してみたが、背の高いSUVにありがちな大げさなロールやピッチングは上手に抑え込まれ、想像以上にフラットな挙動に感服。最近はオンロードの快適性とオフロードの走破性を両立するために凝ったエアサスペンションを採用するSUVが増えているが、過度にスポーツ性能を求めなければ機械式のサスペンションでも十分実用的ということだ。

自慢の快適性は?

パワーアップしたV8エンジンは、1500rpmも回っていれば実にトルク豊かで、しかもスムーズ。もちろんアクセルペダルを思い切り踏みつければ3500rpmから5000rpmの回転域でその実力を見せつけてくれる。5000rpmを越えたあたりからはやや振動が目立ってくるが、力強い加速はレブリミットの6250rpmまで続く。

V8と直接比べると分が悪いV6だが、単独で見れば実に頼もしいエンジンだ。確かにV8ほどの余裕はなく、ノイズも目立つが、それでもトルクは十分で、V8よりも軽やかに回転を上げる様はむしろこちらのほうが好ましいほど。装着されるのが17インチタイヤということもあって、乗り心地もXLTのほうが快適である。

ただ、シートやドアのトリムなど、内装が簡素化されているXLTよりも、エディバウアーの豪華さに惹かれてしまうのも事実。そもそもエクスプローラーを選ぶ人は、その存在感や快適性、そして豪華さを求めての選択だろうから、価格差を考慮してもお勧めはV8のエディバウアーということになるだろうか。コストパフォーマンスの高さも魅力的である。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2005年11月)

・フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017493.html


 

 
【スペック】
XLT:全長×全幅×全高=4930×1870×1835mm/ホイールベース=2890mm/車重=2160kg/駆動方式=4WD/4リッターV6SOHC12バルブ(213ps/5100rpm、35.1kgm/3700rpm)/価格=425万円(テスト車=同じ)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る