強く、快適に「フォード・エクスプローラー」ビッグマイナーチェンジ

2005.11.25 自動車ニュース
 

強く、快適に「フォード・エクスプローラー」ビッグマイナーチェンジ

フォード・ジャパン・リミテッドは、ブルーオーバルの代表的SUV「フォード・エクスプローラー」の新型を、2005年11月24日に発売した。


【写真上】「変更点は多岐にわたり、フルモデルチェンジと捉えていいほど」とは、フォード・ジャパン・リミテッド代表取締役社長兼最高経営責任者、佐藤勝彦氏の弁。
【写真下】「エクスプローラーXLT」の内装。
 

■ビッグマイナー

新型エクスプローラーは多岐にわたる変更を受けた、いわば“ビッグマイナーチェンジ版”だ。
ラインナップされるのは従来通り、高級感を演出する「エディバウアー」とアクティブ仕様の「XLT」の2種類で、デザイン、パワートレイン、快適性、安全性の4点を軸に変更された。

エディバウアーに積まれる新開発4.6リッターV8SOHCユニットは、3バルブ化と可変バルブタイミングの採用により出力が242psから296psへ2割アップしつつ、10・15モード燃費は2割の向上。XLTに搭載する従来型の4リッターV6SOHCユニットは出力据え置きのまま、アイドリング中のノイズを半減し排ガス中のスモッグの成分を7割カットするなど、快適性と環境性を得ていると謳われる。

また、シャシーの溶接方法を見直し、捻れ剛性で55%、曲げ剛性で63%の強度アップ。エアコンのノイズを3割減らし防音材を見直したことと相まって、室内の快適性、静粛性に貢献しているという。

安全面では、ABSとトラクションコントロールを統合し、ドライバーの操作をモニターする「アドバンストラック」と、超小型ジャイロを用いてボディのロールを監視する「ロールスタビリティコントロール」を標準で装備。さらに、前席の乗員の体格や状態を判断し、エアバッグやシートベルトの最適な動作に反映させる「インテリジェントセーフティシステム」も備わる。

価格はエディバウアーが520.0万円、XLTは425.0万円。左ハンドル車のみの設定となるが、これを輸入SUVのプレミアム性としてアピールし、2割から3割の販売台数増加を狙うという。

(webCG 関)

フォード・ジャパン:
http://www.ford.co.jp/

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.4 試乗記 2015年10月の大幅改良により、新デザインのフロントマスクと2.3リッターターボエンジンが採用された「フォード・エクスプローラー」。0.3リッターの排気量アップが走りにもたらした変化確かめながら、あらためてエクスプローラーというクルマが持つ魅力に触れた。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る