「アコード」「アコードワゴン」がマイナーチェンジ、スポーティな新顔登場

2005.11.25 自動車ニュース
 

「アコード」「アコードワゴン」がマイナーチェンジ、スポーティな新顔登場

本田技研工業は、「アコード」「アコードワゴン」にスポーティグレード「タイプS」を追加設定。既存車の内外装を変更するなどし、2005年11月24日に発売した。


【写真上】「アコード・タイプS」
【写真下】「アコードワゴン・タイプS」
 

アコードとそのワゴンの新顔「タイプS」は、2.4リッター+5段AT仕様のスポーティモデル。サスペンションはスプリング、スタビライザー、ブッシュ類を強化、ダンパーの減衰力特性を最適化した欧州仕様のもので、新アルミホイールに装着されるタイヤサイズは225/45R17だ。
さらに、スポーツタイプのフォグランプ、スポーツグリル、エアロパーツで外観をお化粧。四輪のブレーキを制御する「VSA」(車両挙動安定化制御システム)を標準装備するなどした。
価格は、セダンが249万9000円、ワゴンは265万6500円となる。

既存モデルへの変更は、新デザインのフロントグリル、フロントバンパー、リアバンパーの採用や、スポーティなシフトチェンジを演出する、と謳われるガングリップタイプのATシフトノブ、「Honda HDDインターナビシステム」のオプション新設定など。グレードも見直され、アコードは5車種、アコードワゴンは3車種構成とした。
セダンが203万7000円から265万6500円、ワゴンは214万2000円から265万6500円まで。福祉車両として「助手席回転シート車」もそれぞれに用意される。

(webCG 田中)


本田技研工業「アコード」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 「ホンダ・シビック」が日本市場にカムバック 2017.7.27 自動車ニュース ホンダが新型「シビック」を9月に発売すると発表した。10代目となる新型では、新開発のプラットフォームを通して「走る楽しさ・操る喜び」を徹底的に追及。ラインナップには「セダン」「ハッチバック」に加え、高性能モデル「タイプR」も用意されている。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
ホームへ戻る