「ハイエース」「レジアスエース」がマイナーチェンジ、安全性・使用性向上

2005.11.25 自動車ニュース

「ハイエース」「レジアスエース」がマイナーチェンジ、安全性・使用性向上

トヨタ自動車は、「ハイエース」の商用バン、乗用ワゴンとコミューター、および商用バンの「レジアスエース」を一部改良し、2005年11月22日に発売した。


【写真上】「ハイエース」
【写真下】「レジアスエース」

ヘッドランプに、対向車への眩惑を少なくするという光軸調整用のマニュアルレベリング機構を採用するとともに、ハイマウントストップランプを全車に標準装備し、安全性を向上。また、助手席リクライニング機構の設定を拡大、ナビゲーションをオプション設定して、使用性を向上させたという。

価格は、「ハイエース」が172万7250円から333万9000円「レジアスエース」は172万7250円から298万2000円まで。

なお、トヨタモデリスタインターナショナルは、「トヨタハイエースワゴンDXグレード」をベースしたカスタマイズコンプリートカー、「エアロツアラー」を2006年2月から発売する。加えて、ハイエース・レジアスエース用カスタマイズパーツ「モデリスタセレクション」は商品を見直し、2005年11月22日にリリースした。

(webCG 田中)

トヨタ「ハイエース」:
http://toyota.jp/hiace/
トヨタ「レジアスエース」:
http://toyota.jp/regiusace/

関連キーワード:
ハイエースワゴントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ハイエース」の安全性能がアップ 2017.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月22日、一部仕様を変更したワンボックスモデル「ハイエース」および「レジアスエース」を発表した。同年12月1日に販売が開始される。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
ホームへ戻る