【スペック】L:全長×全幅×全高=3395×1475×1470mm/ホイールベース=2390mm/車重=720kg/駆動方式=FF/0.6リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)

ダイハツ・エッセ【試乗記】

ダイハツ・エッセ 2007.04.03 試乗記 ……68万2500〜106万500円
いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

フォーツーのライバル?

【復習:こんなクルマ】

2005年末発売の、ダイハツ久々の安さジマンの軽。ベースは旧型ミラ系シャシーで、車名は「エコ」「シンプル」「スマート」「イージー」の頭文字を集めたというが、イメージ的には主婦向け生活情報誌のタイトル。CMキャラクターは黒木瞳と結構気合入っており、もしや「スズキ・アルト」のライバル?

【エッセの○と×】

○:
久々に軽が安くていいものだと実感させてくれたこと。特に前後バンパーが膨らんだエクステリアは質感はそこそこだが、おたふくみたいに愛嬌があって、なかなかいい。インテリアもシンプルなセンターメーター式インパネはそれなりにオシャレ。
最廉価の68万2500円モデルにしても5MTでABSなしだが、マニュアルエアコン、パワステ、パワーウィンドウ、運転席&助手席エアバッグ標準で、装備わりと充実。絵に描いたモチじゃない。

×:
安い軽はやっぱこんなもんだと思い出させてくれたこと。○とは逆説的だが、これだけ豪華な軽自動車が出まわっている今、うるさいエンジン音、バタバタした乗り心地、オシャレだがよく見るとプラスティッキーなインテリア、座るとズリ落ちそうなシートなどなど、お金をかけないとがんばってもコレくらいしかできないと実感させてくれた。というか逆にクルマづくりで金がかかる部分はこういうトコだったのねぇと個人的には学べた。

【コージから一言】

お金をかけずにこのままデザインが進化して、「スマート・フォーツー」などのライバルになったら理想的なのになぁ、と一瞬思った。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る