「ホンダS2000」、排気量をアップしてマイナーチェンジ

2005.11.25 自動車ニュース

「ホンダS2000」、排気量をアップしてマイナーチェンジ

本田技研工業は、オープン2シータースポーツ「S2000」をマイナーチェンジし、2005年11月25日に発売した。




最大の変更は、エンジンを従来の2.0リッターVTECから2.2リッターとしたこと。パワーは8psダウンし、242ps/7800rpmとなったが、そのぶんトルクを0.5kgm太く、22.5kgm/6500〜7500rpmとし、中・低速回転域での扱いやすさを重視した。さらに、電子スロットル「ドライブ・バイ・ワイヤ」を新たに採用。ギアをローレシオ化し、加速性能、実用域でのレスポンスを向上させた。

エクステリアでは、新デザインの17インチアルミホイールを採用。ボディカラーにバミューダブルー・パール、ディープバーガンディ・メタリックを追加した。

インテリアでは、ステアリングホイール、シート形状のデザインなどを変更。インテリアカラーにブラウンを追加した。加えて、スピードメーターに外気温表示機能、セキュリティアラームが装備されたことも新しい。

価格は、従来比で10.5万円アップして、「S2000」が378.0万円、可変ギアレシオステアリングを備える「タイプV」は399.0万円。

(webCG 田中)

ホンダ「S2000」:
http://www.honda.co.jp/S2000/

関連キーワード:
S2000ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)【試乗記】 2006.1.7 試乗記 ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)
    ……409万5000円

    ホンダのツーシーターオープンスポーツ「S2000」に、大がかりなマイナーチェンジが施された。エンジンの排気量拡大で、速さも乗りやすさもアップしたのは確かである。では、クルマとしての魅力はどうなのか。


  • ホンダS2000(FR/6MT)【試乗記】 2005.8.8 試乗記 ホンダS2000(FR/6MT)
    ……401万1000円

    「S2000」は、リッター125psの高性能エンジンを積むスポーツカーである。メインストリームとはとても言えないが、「ホンダ」にとっては原点とも言えるモデルの魅力を探った。


  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
ホームへ戻る