【スペック】エディバウアー:全長×全幅×全高=4930×1870×1835mm/ホイールベース=2890mm/車重=2230kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC24バルブ(296ps/5750rpm、41.5kgm/4000rpm)/価格=520万円(テスト車=同じ)

フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(前編)】

フルチェンジ級の変わりよう(前編) 2005.11.24 試乗記 フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)……520万円/425万円2005年11月24日、フォードのSUV「エクスプローラー」がマイナーチェンジされた。内外装の変更に加え、快適性が向上され、力強い存在感を得た新型に試乗した。

 
フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(前編)】の画像

 
フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(前編)】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
	 

実はマイナーチェンジだった

東京モーターショーで一足先に披露された2006年モデルのフォード・エクスプローラーが、日本でも正式に発表された。フロントマスクが一新された新型エクスプローラーは、一見フルモデルチェンジのような変わりようだが、実のところはマイナーチェンジ。しかし、変更の内容は盛りだくさんで、超ビッグマイナーチェンジというのが適当な表現かもしれない。

目立った変更としてはまず、存在感を増したフロントマスクが挙げられる。クロームメッキ処理されたフロントグリルが力強さを、大小の丸を連ねたヘッドライトがモダンさをそれぞれアピール。ボンネットも中央の盛り上がりを強調して、押し出しを強めている。全長はマイナーチェンジ前に比べて105mm延びているが、そのほとんどはフロントセクションの延長に費やされている。ちなみに、アウターパネルのうちドアパネルやリアフェンダー部分以外はデザインを一新。開発陣の気合いの入れようが伝わってくる。

室内の変更ぶりにも目を見張るものがある。たとえばインストゥルメントパネル。これまでも十分乗用車的なデザインだったが、新型ではすっかり垢抜けた、モダンな雰囲気をつくり上げていた。シンプルだが上品なメーターパネルといい、端正なセンターコンソールといい、SUVにしておくのは惜しいほど。2タイプ用意されるグレードのうち、V8を積む上級モデルのエディーバウアーには本革シートが奢られ、高級感も十分である。

そのほか細かいことだが、サードシートが分割可倒式になり、旧型ではシートバックを倒した際に約10度傾いていたフロアが、新型では2度とほぼ水平になっている。この改善は「『カーゴエリアからゴルフボールやオレンジジュースの缶が転げ落ちた』というユーザーの声を反映した」もので、地味だが使う側にはうれしい変更といえる。


 
フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(前編)】の画像

 
フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(前編)】の画像

パワー大幅アップのV8エンジン

一方、メカニズムの面でも話題は多い。なかでもマイナーチェンジにあわせて投入された新しいV8エンジンはパワーが大幅にアップした。ボア90.2×ストローク90.0mm、排気量4600ccという数値は従来と変わらないが、シリンダーヘッドを一新し、吸気2バルブ、排気1バルブの3バルブSOHCは、吸排気ともに可変バルブタイミングシステムを採用。さらにデュアル吸気システムなどによって、最高出力はなんと54PSアップの296PS/5750rpmを達成、最大トルクも2.5kgm増えて41.5kgm/4000rpmを実現する。そして、V8エンジンには6段オートマチックが組み合わされることになった。4009ccのV6エンジンは最高出力、最大トルクともに従来どおりの213PS/5100rpm、35.1kgm/3700rpmで、オートマチックも旧型と同じ5段ATが搭載される。

シャシーについては、本格派SUVの証ともいえるラダーフレームにさらなる剛性アップが図られるとともに、グループ内のボルボがXC90で採用しているロール・スタビリティ・コントロールをこのエクスプローラーにも搭載している。これは、センサーが車両のロールを監視し、横転の危険性を察知すると、アドバンストラックと呼ばれる姿勢制御プログラムを作動させてロールを抑制するのだ。(後編につづく)

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2005年11月)

・フォード・エクスプローラー エディバウアー(6AT)/XLT(5AT)【試乗速報(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017496.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る