「フォード・モンデオ」がマイナーチェンジ、特別仕様車も

2005.11.22 自動車ニュース
 

「フォード・モンデオ」がマイナーチェンジ、特別仕様車も

フォードジャパンは、欧州カーラインのトップモデル「モンデオ」をマイナーチェンジし、2005年11月17日に発売した。
さらに最上級のグレードに、内装にアルカンターラを用いた特別仕様車を設定。11月24日から限定販売する。


【写真上】「モンデオ GHIA X」
【写真下】「モンデオ GHIA Xアルカンターラ」の内装
 

セダン、ワゴン共に、ブレーキのフィーリングを見直したうえで、内外装に変更が加えられた。
フロントグリルのデザインを変更し、フロントバンパー下部にグリルを追加。サイドウインカーレンズはクリアなものとなる。セダンはさらに、リアコンビネーションランプとリアバンパーの形状が変更された。インテリアでは、ドアハンドルと操作ボタンをクローム仕上げとし、モダンな雰囲気を演出したという。

今回新たにラインナップされた「GHIA X」は、従来の「GHIA」と入れ替えとなる、2.5リッターV6エンジン搭載の最上級グレード。前後ロアーバンパーとバンパープロテクターをボディ同色とし、センターコンソールの時計デザインを変えるなど、従来グレードより上質感を演出したものだ。
セダンとワゴンどちらも2リッター直4の「2.0」、2.5リッターV6の「GHIA X」が用意され、価格はセダンが295.0万円と365.0万円、ワゴンが310万円と385万円となる。

さらに、特別仕様車「GHIA X アルカンターラ」も発売する。シートをアルカンターラと本革で仕立てた豪華内装を持ちながらも、価格はベース車「GHIA X」と同じとなる。セダン・ワゴンあわせて30台が限定販売される。

(webCG 関)


フォード「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

関連キーワード:
モンデオセダンモンデオワゴンフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】 2005.4.21 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの旗艦「モンデオ」に高性能シリーズ「ST」が追加された。ハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
  • 「ルノー・ルーテシアR.S.」にF1マシンをイメージした限定車 2018.5.17 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年5月17日、「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「ルーテシアR.S.18」を発売した。50台の台数限定で、同月21日まで購入の申し込みを受け付け、希望者多数の場合は抽選販売となる。
  • 「シボレー・コルベット」に鮮やかなオレンジが目を引く限定モデル 2018.5.17 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」にデビュー65周年を祝う限定モデル「グランスポーツ セブリングオレンジ65エディション」が登場。鮮やかなオレンジのボディーカラーや、カーボン素材で飾られたインテリアが特徴で、販売台数は5台限定となっている。
ホームへ戻る