「フォード・モンデオ」がマイナーチェンジ、特別仕様車も

2005.11.22 自動車ニュース
 

「フォード・モンデオ」がマイナーチェンジ、特別仕様車も

フォードジャパンは、欧州カーラインのトップモデル「モンデオ」をマイナーチェンジし、2005年11月17日に発売した。
さらに最上級のグレードに、内装にアルカンターラを用いた特別仕様車を設定。11月24日から限定販売する。


【写真上】「モンデオ GHIA X」
【写真下】「モンデオ GHIA Xアルカンターラ」の内装
 

セダン、ワゴン共に、ブレーキのフィーリングを見直したうえで、内外装に変更が加えられた。
フロントグリルのデザインを変更し、フロントバンパー下部にグリルを追加。サイドウインカーレンズはクリアなものとなる。セダンはさらに、リアコンビネーションランプとリアバンパーの形状が変更された。インテリアでは、ドアハンドルと操作ボタンをクローム仕上げとし、モダンな雰囲気を演出したという。

今回新たにラインナップされた「GHIA X」は、従来の「GHIA」と入れ替えとなる、2.5リッターV6エンジン搭載の最上級グレード。前後ロアーバンパーとバンパープロテクターをボディ同色とし、センターコンソールの時計デザインを変えるなど、従来グレードより上質感を演出したものだ。
セダンとワゴンどちらも2リッター直4の「2.0」、2.5リッターV6の「GHIA X」が用意され、価格はセダンが295.0万円と365.0万円、ワゴンが310万円と385万円となる。

さらに、特別仕様車「GHIA X アルカンターラ」も発売する。シートをアルカンターラと本革で仕立てた豪華内装を持ちながらも、価格はベース車「GHIA X」と同じとなる。セダン・ワゴンあわせて30台が限定販売される。

(webCG 関)


フォード「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

関連記事
  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フォード・モンデオセダン V6ギア(5AT)【試乗記】 2002.6.21 試乗記 フォード・モンデオセダン V6ギア(5AT)
    ……323.0万円

    「ジャガーXタイプとプラットフォームを共用する」といった、モデル政策上のニュースが先走った感のあるフォード・モンデオ。しかしドライブすると、Xタイプとはまた違ったクルマに仕上がっていた。webCGエグゼクティブディレクターが報告する。


  • フォード・フォーカスST170(6MT)【試乗記】 2003.7.30 試乗記 フォード・フォーカスST170(6MT)
    ……300.0万円

    エンジンに“スペシャルヘッド”が奢られ、最高出力173psにチューンされた2リッターツインカムを積む「フォーカスST170」。6段MTが組み合わされたスペシャルモデルに乗った自動車ジャーナリスト河村康彦は、ST170のパフォーマンスとライドコンフォートのバランスに満足するも……。


  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る