「フォード・モンデオ」がマイナーチェンジ、特別仕様車も

2005.11.22 自動車ニュース
 

「フォード・モンデオ」がマイナーチェンジ、特別仕様車も

フォードジャパンは、欧州カーラインのトップモデル「モンデオ」をマイナーチェンジし、2005年11月17日に発売した。
さらに最上級のグレードに、内装にアルカンターラを用いた特別仕様車を設定。11月24日から限定販売する。


【写真上】「モンデオ GHIA X」
【写真下】「モンデオ GHIA Xアルカンターラ」の内装
 

セダン、ワゴン共に、ブレーキのフィーリングを見直したうえで、内外装に変更が加えられた。
フロントグリルのデザインを変更し、フロントバンパー下部にグリルを追加。サイドウインカーレンズはクリアなものとなる。セダンはさらに、リアコンビネーションランプとリアバンパーの形状が変更された。インテリアでは、ドアハンドルと操作ボタンをクローム仕上げとし、モダンな雰囲気を演出したという。

今回新たにラインナップされた「GHIA X」は、従来の「GHIA」と入れ替えとなる、2.5リッターV6エンジン搭載の最上級グレード。前後ロアーバンパーとバンパープロテクターをボディ同色とし、センターコンソールの時計デザインを変えるなど、従来グレードより上質感を演出したものだ。
セダンとワゴンどちらも2リッター直4の「2.0」、2.5リッターV6の「GHIA X」が用意され、価格はセダンが295.0万円と365.0万円、ワゴンが310万円と385万円となる。

さらに、特別仕様車「GHIA X アルカンターラ」も発売する。シートをアルカンターラと本革で仕立てた豪華内装を持ちながらも、価格はベース車「GHIA X」と同じとなる。セダン・ワゴンあわせて30台が限定販売される。

(webCG 関)


フォード「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モンデオセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
ホームへ戻る