第73回:「死の谷」が語りかける〜もうひとつの足尾公害事件〜(その2)(矢貫隆)

2005.11.19 エッセイ

第73回:「死の谷」が語りかける〜もうひとつの足尾公害事件〜(その2)(矢貫隆)

足尾地域の地図。右上にあるのが中禅寺湖。薄茶色の部分が煙害により壊滅的な打撃を受けた荒廃地帯だ。こう見ると、日光の自然が公害の影響を受けなかったのが奇跡的に思える。グレー部分は治山事業実施区域、所々にある黄色い棒は砂防堤防である。
足尾地域の地図。右上にあるのが中禅寺湖。薄茶色の部分が煙害により壊滅的な打撃を受けた荒廃地帯だ。こう見ると、日光の自然が公害の影響を受けなかったのが奇跡的に思える。グレー部分は治山事業実施区域、所々にある黄色い棒は砂防堤防である。
かつては栄えたという松木村跡まで、川をのぼり始める。
かつては栄えたという松木村跡まで、川をのぼり始める。
草ぐらいしか生えていない岩だらけの山の斜面で、職人たちが植林作業を続けていた。
草ぐらいしか生えていない岩だらけの山の斜面で、職人たちが植林作業を続けていた。

■「日本のグランドキャニオン」

その昔、足尾郷松木村は養蚕が盛んな緑豊な里だった。
「古くは戦国時代の頃から松木の里に住みついた人々は、この地で畑をたがやして麦や大豆、ひえ、大根、芋などを作ったり養蚕にも精をだして谷あいの静かな土地で穏やかに暮らしていました」

足尾ダム河口にある銅親水公園の資料は、面影すら残っていないかつての松木村についてこう説明するが、しかし今は違う。松木村跡を含む現在の足尾の北部山地の植物について、足尾の郷土誌が次のように書く。

「北部山地は荒廃裸地で育成する植物も少ない。山腹面は特に尾根すじなどにススキ、沢すじなどにヨモギ、沢の堆積地にはイタドリ等が生えている」

いかにも荒涼たる土地を思い浮かばせる記述だが、その想像は間違いではない。事実、足尾を紹介する観光案内書は、草木を失って岩だらけの山容がそびえる松木渓谷の一部を「日本のグランドキャニオン」と評するほどなのである。
しかし松木渓谷は、松木村が緑豊な里であったのと同様、大昔から岩肌を露にした山ではなかった。

「亜硫酸ガスですね」
A君、そう先を急がず、とにかく松木村の跡を見に行ってみよう。

舗装の途切れた車両通行止めの道を松木村跡に向かって歩きだす。
上流から流れてきた砂礫に埋めつくされ、湿地帯のような姿となって本来の役目を果たせなくなっているダム湖。そこに沿って久蔵沢を遡り、橋を渡って小山を迂回し松木沢にでる。
すると、まず目に映ったのは、山の斜面で、数人の職人たちが植林作業を続けている光景だった。彼らの作業風景を眺めながら、銅親水公園の見晴台で読んだ案内書きを思いだした。

「ここから見渡す山々は、かつて銅山の煙害や山火事によって草や木がほとんどないハゲ山になっていました。1956年から本格的に多くの人手と長い年月をかけ足尾の山々に緑を蘇らせる治山事業を行い着実にその成果を上げています。今では洪水が起きることもなくなり、山もきれいな水を蓄えながら流すようになりました。山々にはニホンカモシカ、ニホンジカ、クマ、サル等も棲むようになりました」(つづく)

(文=矢貫隆/2005年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。