【スペック】全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm/ホイールベース=2710mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.1リッターV6 DOHC24バルブ(159ps/6800rpm、20.4kgm/4100rpm)/価格=423.0万円(テスト車=同じ)

ジャガーフルラインナップ試乗会(前編)

ジャガーフルラインナップ試乗会(前編) 2005.11.17 試乗記 英国が誇る格調高きブランド「ジャガー」は、フォード傘下になってからもアイデンティティを保ち続けている。その孤高の輝きは、表面的な言葉で左右されるものではない。それを証明するため、フルラインナップ試乗会の模様を、昨今流行りの方言を交えつつお届けすることにしよう。

犬と一緒に旅行したいジャガーXタイプ 2.0V6エステート(FF/5AT)……423.0万円

本諏訪(以下「も」):そういえば、ジャガーってあまりじっくり乗ったことないんですよ。
すずき(以下「す」):わしもやっとかめ(八十日目=久しぶりの意味)だがね。今日はフルラインナップの試乗会だで、ジャガーまるけだわ。ちょこっと、乗ってみよみゃあか。

も:こちらは2005年6月に追加された、Xタイプエステートの最も“素”のモデルですね。「SE」グレードよりDVDナビやサンルーフ、クルーズコントロールなど、装備が若干簡略化されています。
す:クルーズコントロールも、のーなっとるんか。エントリーグレードをまっと安くして、ユーザーを広げたろうと思っとりゃあすな。
も:実際、Xタイプが発売されて、かなり「ジャガー」というものが身近に感じられるようになりました。
す:2004年7月から追加された「Xタイプエステート」は、現在、サルーンをしのぐ人気だと。たぇあしたもんだわ。

も:デザインに斬新さはあまり感じられませんが、その分トラディショナルなエレガンスを感じます。カラーラインナップが12色というところも魅力的。
す:スタイルに惹かれて買う人が多いんだろうね。実用的なステーションワゴンだねぁあで、“ライフスタイルワゴン”だし。

も:とはいえ、ワゴン自体の使い勝手も実用的ですよね。
す:そうかもしれせん。リアシートも簡単に倒れるし、後部ガラスハッチだけでもいごかせるわ。
も:でも、できればハッチ開口部と荷室面がフラットだとよかったですね。荷物の出し入れの時に傷ついちゃうんじゃないですか。
す:とろくせゃあこと言ったらかんわ。ジャガーに乗るような人は、重いものを自分で持ったりせんがね。
も:じゃあどうやって使いましょうか?
す:荷室にひゃあった犬が逃げぇせんようにして、荷物を出し入れできるわけだわ。
も:そうすると犬に上質な内張りを汚されちゃいますね。
す:ジャガー乗っとるなら、ほんなものは気にしたらアカンて。
も:……。

も:乗った感じはどうでしょう。タウンスピードではけっこうゴツゴツしたところがあると感じました。
す:おみゃーもか。足まわりがかたぇあとは言わんけど、なんぜか細かい入力をけっこう感じとったわ。
も:ジャガーということで、期待値が高かったせいでしょうか。
す:もうちょこっとスピードが出ると、印象が違うかもしれせん。
も:ジャガーで犬を連れて、小旅行なんてしてみたいなぁ。
す:ほいだけど、これにはカーナビ付いてにぇあからね。
も:お互い、方向音痴ですからね。

想像していた“ジャガー”Sタイプ 2.5V6 SEパッケージ(FR/6AT)……590.0万円

も:次はSタイプです。かつての「ジャガー・マークII」を思わせるフロントマスクで、町なかで見ても目立ちますよね。
す:試乗車は、いろいろよーけ付いとるわ。キセノンヘッドランプ、レザー/ウッドステアリングホイールがパッケージで付いとる「2.5V6 SEパッケージ」だがね。
も:エンジンラインナップは、3リッターと4.2、そして4.2のスーパーチャージャーがほかにありますが、2.5モデルが半数以上を占めるそうです。
す:日本では2.5で十分だねぁか。こういうお買い得車は、どんどん発売してちょーでぁあ。
も:Sタイプはマイナーチェンジを重ねて、かなり進化したと聞いてます。
す:ほうだがや。最初のは「リンカーンLS」のまんまで、乗り味もおんなしだったわ。
も:私も初代はちょっと乗りましたが、インテリアもオーディオのあたりとか、全然今と違う。まあそれはそれで味がありましたけど。
す:まあとりあえず乗り込んでみよみゃあ。

も:Xタイプから乗り換えると、グレードの違いをまざまざと感じますねぇ。革もさわり心地がしっとり。上質な感じがします。
す:特別装備のハンドルは手でなぶるとこだもんで、あんばよう作っとる。
も:中央のジャガーマークも、ちょっと彫りが深く、ハンサムになってますよ。
す:気が付かなんだわ……。
も:室内はカラーリングのせいもありますが、非常に広く感じます。
す:そんなことあらすか……と思ったら、全長4905mm、全幅1820mmいうことは「レクサスGS」よりまっとボリュームがあるがね。
も:フロントはかなり丸まったシェイプなので、見切りはよろしくないですね。

も:走り出すとこちらはXタイプと違い、非常にソフトでフラットな乗り心地。低速でも、路面の凹凸をうまく吸収しています。
す:FRだで、ステアリングフィールも素直だに。ドライブしてて、どえりぁあ気持ちいいがね。
も:そうですね。正直、先のXタイプは、運転が気持ちいいという感じはそれほどありませんでした。遮音性も優れているし、これぞ上級サルーン! これがまさに私の想像していたジャガーです。
す:ほんなにだだくさに運転せんといて。壊けてまうがね。

(文=NAVI鈴木真人&webCG本諏訪裕幸/写真=郡大二郎/2005年11月)

・ジャガーフルラインナップ試乗会(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017473.html


 
ジャガーフルラインナップ試乗会(前編)の画像

 
ジャガーフルラインナップ試乗会(前編)の画像

 
ジャガーフルラインナップ試乗会(前編)の画像
【スペック】
全長×全幅×全高=4905×1820×1445mm/ホイールベース=2910mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6 DOHC24バルブ(204ps/6800rpm、25.5kgm/4000rpm)/価格=590.0万円(テスト車=同じ)
 
【スペック】
	全長×全幅×全高=4905×1820×1445mm/ホイールベース=2910mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6 DOHC24バルブ(204ps/6800rpm、25.5kgm/4000rpm)/価格=590.0万円(テスト車=同じ)
	 

 
ジャガーフルラインナップ試乗会(前編)の画像

 
ジャガーフルラインナップ試乗会(前編)の画像
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る