【F1 2005】ザウバーの名は残る、2006年は「BMWザウバーF1」に

2005.11.16 自動車ニュース

【F1 2005】ザウバーの名は残る、2006年は「BMWザウバーF1」に

BMWが買収したことで、2006年からバイエルンのF1ワークスチームとなることが決まっているザウバーだが、その名前が残されることが、2005年11月14日に明らかになった。

来年のチーム名は「BMWザウバーF1」。BMWモータースポーツダイレクターのマリオ・タイセンによると、このネーミングは「チーム体制を考慮して決めた」とか。チームを運営するのはドイツのBMWだが、実際には300人にもおよぶスイス・ザウバーのエンジニアが動くわけで、両者それぞれの名前には正当性がある、ということなのだ。

創始者ペーター・ザウバーは顧問として残留。ザウバーのテクニカルダイレクター、ウィリー・ランプは引き続きスイスのヘッドクウォーターで同職を務める。またドイツのBMW本社ではハインツ・パッシェンがテクニカルダイレクターとなる。ミュンヘンではエンジンのみならず、パワートレインもつくられる。ドイツとスイスとの間は、プロジェクトマネージャーのウォルター・リードルが調整する。

チーム最初のお披露目は2006年1月16、17日、スペインはバレンシアでのテストで。それまでは、11月28日から始まる、BMWの新しいV8エンジン「P86」と暫定マシンによる冬のテストでさまざまなデータが取られる。

(webCG 有吉)

【F1 2005】ザウバーの名は残る、2006年は「BMWザウバーF1」にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。