赤レンガ倉庫をジャガーが占拠、「ジャガー・デイ2005」開催される

2005.11.15 自動車ニュース

赤レンガ倉庫をジャガーが占拠、「ジャガー・デイ2005」開催される

2005年11月13日(日)、このところ積極的に自動車関連イベントが開かれている横浜赤レンガ倉庫において、「ジャガー・カー・クラブ・オブ・ジャパン」主催の「ジャガー・デイ2005」が開かれた。

■約100台のヒストリック・ジャガー

好天に恵まれたこともあって、家族連れやカップルでにぎわう休日の赤レンガ倉庫に集まったジャガーは約100台。

前身となる「SSカーズ・リミテッド」時代の初期の作品であるサルーン「SS1」や、ジャガーの名を世に広めたスタイリッシュなスポーツカー「SS100」といった1930年代のモデルから、戦後の48年デビューのXK120からEタイプへとつながるXKシリーズ、マーク2や420Gなど60年代のサルーン、68年登場のXJ6にはじまるXJシリーズ、さらにはルマンなどで活躍した50年代のレーシングカーであるDタイプや90年代初頭に限定生産されたスーパーカー、XJ220に至るまでが揃った会場は、さながらジャガーの歴史が俯瞰できる特設オープン・ミュージアムの様相を呈していた。

たとえばEタイプのような、たった1台だけ展示されていたとしても衆目を集めるであろうヒストリックカーがこれだけのボリュームで並んでいるのだから、人目を引かないわけはない。クルマに興味のある向きはもちろんのこと、赤レンガ倉庫に居合わせた人の多くが、老若男女を問わずクルマに見入り、またクルマのそばでポーズを取っては盛んに記念写真を撮っていた。

参加車両のなかには、普段からヒストリックカーを見慣れている我々のような自動車メディアに携わる人間にとっても、めったに拝む機会のない「品3」「足3」「横浜3」といった、新車当時から日本に生息しているであろうシングルナンバー付きのモデルも数台あり、なかなか見ごたえのあるラインナップだった。

また集まったオーナーのなかには、英国車好きとしても知られる「巨匠」こと徳大寺有恒氏の姿も。「webCGクルマ生活Q&A」でお馴染みの松本英雄氏と連れ立って、自身の1990年式ヴィカレッジ・マーク2 3.8(62年式ジャガー・マーク2のリビルドもの)を駆って参加した氏は、ひとりのクルマ好きとして参加車両を興味深げに見て回り、来訪者からのサインや記念撮影のリクエストに快く応じていた。

車両展示のほかにも、能楽囃子大倉流大鼓奏者・大倉正之助氏の和太鼓によるオープニングセレモニーをはじめ、バグパイプ演奏、ジャズコンボのライブ、そしてモータージャーナリーストのピーター・ライオン氏とミュージシャンの山田真矢氏(元LUNA SEA)によるトークショーなど、さまざまなプログラムが用意されていたが、オープンイベントゆえに、それらすべてが参加者のみならずその場に居合わせた全員が、無料で楽しむことができた。

主催者である「ジャガー・カー・クラブ・オブ・ジャパン」のホームページには、「英国の生んだ歴史的な名車ジャガーを愛し、その価値を世間に知らしめ、保存していくことを会員の義務として活動している」と記されているが、公共の場で開かれた「ジャガー・デイ2005」は、まさにその活動方針を実践したイベントだったといえよう。

(文と写真=田沼 哲)

赤レンガ倉庫をジャガーが占拠、「ジャガー・デイ2005」開催されるの画像

参加車両のなかでもっとも古かった1934年式SS1フォーライト・サルーン。2/2.5リッター直6サイドバルブエンジンを積んだサルーンだが、30年代のモデルとしては驚くほど姿勢が低い。まるでストリートロッドのようでカッコイイ。

参加車両のなかでもっとも古かった1934年式SS1フォーライト・サルーン。2/2.5リッター直6サイドバルブエンジンを積んだサルーンだが、30年代のモデルとしては驚くほど姿勢が低い。まるでストリートロッドのようでカッコイイ。

希少な「足3」ナンバーを付けた1959年式XK150フィクスドヘッド・クーペ。エンジンはDOHC3.8リッターのXKユニット。ちなみに「足」とは「足立」のことである。

希少な「足3」ナンバーを付けた1959年式XK150フィクスドヘッド・クーペ。エンジンはDOHC3.8リッターのXKユニット。ちなみに「足」とは「足立」のことである。

1983年式リンクス・イベンター。XJ-Sをベースに、コーチビルダー/チューナーのリンクスにより60台だけつくられた非常に希少なシューティング・ブレーク(ワゴン)。チャールズ皇太子もオーナーだったという。

1983年式リンクス・イベンター。XJ-Sをベースに、コーチビルダー/チューナーのリンクスにより60台だけつくられた非常に希少なシューティング・ブレーク(ワゴン)。チャールズ皇太子もオーナーだったという。

1955年から57年にかけてルマンを3連覇したDタイプ。左のブリティッシュ・レーシング・グリーンは55年式、右のメタリックブルーは57年式。エンジンは3.5リッターのXKユニット。

1955年から57年にかけてルマンを3連覇したDタイプ。左のブリティッシュ・レーシング・グリーンは55年式、右のメタリックブルーは57年式。エンジンは3.5リッターのXKユニット。

1993年式XJ220。88年のバーミンガムショーでプロトタイプがデビューし、91年の東京モーターショーで生産型が発表された、当時世界最高の時速220マイル(約352km)を謳ったスーパースポーツ。V6DOHC3.5リッターツインターボエンジンを積む。

1993年式XJ220。88年のバーミンガムショーでプロトタイプがデビューし、91年の東京モーターショーで生産型が発表された、当時世界最高の時速220マイル(約352km)を謳ったスーパースポーツ。V6DOHC3.5リッターツインターボエンジンを積む。

1962年式マーク2をヴィカレッジ社が現代風にリビルドした90年式ヴィカレッジ・マーク2でやってきた徳大寺有恒氏(左)と松本英雄氏。巨匠は91年にこれを入手したそうだが、昨年、内外装に再び手を入れたとあって程度はすばらしい。

1962年式マーク2をヴィカレッジ社が現代風にリビルドした90年式ヴィカレッジ・マーク2でやってきた徳大寺有恒氏(左)と松本英雄氏。巨匠は91年にこれを入手したそうだが、昨年、内外装に再び手を入れたとあって程度はすばらしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。