三菱、装備充実の「アクティブフィールドエディション」を強化

2005.11.14 自動車ニュース

三菱、装備充実の「アクティブフィールドエディション」を強化

三菱自動車は、「パジェロ」「デリカスペースギア」「グランディス」に特別仕様車を設定。パジェロとデリカスペースギアの一部に改良を施し、2005年11月8日に発売した。


【写真上】三菱グランディス・スポーツギア・アクティブフィールドエディション
【写真下】三菱パジェロ・アクティブフィールドエディションSE

3台に設定された特別仕様車は、パジェロ、デリカスペースギアでは既にお馴染み、HDDナビや専用外装を持つ「アクティブフィールドエディション」の豪華版がメインとなる。

今では貴重な存在(?)となった本格オフローダー、パジェロは、ラインナップをショート、ロングあわせ4車種に集約。さらに最上級「SUPER EXCEED」では、3.5リッターから3.8リッターV6にエンジンを変え、GDIに別れを告げた。

このうち特別仕様車は、パリダカ優勝経験を持つ増岡浩がアドバイザーとして参画した「アクティブフィールドエディション」(3リッター/350万7000円)と、その豪華版「アクティブフィールドエディションSE」(3.8リッター/420万円)の2車種となる。

パジェロをベースとした“ワンボックスオフローダー”ことデリカスペースギアにも、アクティブフィールドエディション(297万1500円)とそのSE(329万7000円)を用意。SEはウッドやアルカンタラを多用した内装が特徴という。


三菱デリカスペースギア・アクティブフィールドエディションSE

ミニバン、グランディスでは、「スポーツギア」にAV機能とHDDナビゲーション機能を充実させたアクティブフィールドエディションを新設した。2WDが294万円、4WDは319万2000円。
さらにAV・ナビに加え17インチホイールなどで飾った「リミテッドナビエディション」(2WDが277万2000円、4WDは302万4000円)もリリースした。

(webCG 関)


三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る