トヨタ、小型SUV「RAV4」をフルモデルチェンジ

2005.11.14 自動車ニュース

トヨタ、小型SUV「RAV4」をフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は、街乗りヨンクとして1994年にデビューしたコンパクトSUV「RAV4」の新型3代目を、2005年11月14日に発売した。


「新型RAV4はグローバルモデルとしてのポジションを確固たるものにしたい」と語る、トヨタ自動車の渡辺捷昭社長。

■狙うのはもっぱら……

ヨンクといえばヘビーデューティ、という概念を覆し、街乗り重視の都会派SUVのはしりとして1994年に産声をあげた「RAV4」。泥臭くないスタイリッシュなデザイン、コンパクトなボディ、そして四輪独立懸架の足まわりなどを盛り込んだこのクラスの先駆けが、およそ5年ぶりにフルモデルチェンジを受け、3代目へと進化した。




新プラットフォームを採用したボディはさらに大型化。エンジンは2.4リッター一本と排気量を増すいっぽう選択肢をなくした。トランスミッションはCVTのみ。バリエーションに3ドアはなく、5ドアのみに絞られた。4WDとFFが用意される。
価格は、197.4万円から247.8万円まで。月の目標販売台数を2000台に設定する。

初代に触発され誕生したライバル、ホンダ「CR-V」や「HR-V」、あるいは三菱のコンパクト・パジェロ「パジェロIO」など含め、国内ではかつての勢いはなくなった感のあるこのクラス。ニューRAV4が狙うのはもっぱら海外(特にアメリカ)市場なのかもしれない。


ボディバリエーションは5ドアのみ。3ドアは今モデルでは廃止された。

■ボディ大型化、2.4リッター+CVTのみ

デザインのキーワードは「モダン&ラギッド」(rugged=「荒削り」の意味を転じ「力強さ」「安定感」をさすとか)。お馴染み、リアドアに標準装備されるスペアタイヤ&カラードハードカバーを含め、新鮮味こそないものの、オーソドックスにまとめられる。
ボディサイズは全長×全幅×全高=4335(+180)×1815(+80)×1685(-5)mm、ホイールベース=2560(+70)mmとほぼすべてのディメンションを大幅に拡大した(カッコ内は先代5ドア・4WDとの比)。




インテリアでは、「広さ」と「スポーティ感」を演出。インパネやドアトリム断面などをできるかぎり引き締め、車内空間を広く見せるよう工夫したという。
ラゲッジスペースは、フロア下配置とした新開発リアサスペンションのおかげで幅が広くなり、容量は410リッター(5名乗車時、VDA法)、10インチゴルフバッグ単品4セットがしまえるという。その下には、63リッターのデッキスペースがある。




■さまざまな電制装置

先代まで1.8、2リッターと2種類あったエンジンは、VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)付き、「エスティマ」「アルファード」などに載る「2AZ-FE」型の改良版2.4リッター直4(170ps、22.8kgm)のみ。トランスミッションは、マニュアル感覚で7段シフトできる「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」だけと、メカニカルな構成はシンプルだ。

サスペンションは前マクファーソンストラット式、後ダブルウィッシュボーン式を採用。特にリアはアブソーバーを床下に斜めに配置し上部の空間侵食を極力避けたのがポイントという。


床下に斜めに設置された、リアのショックアブソーバー。

4WDは「アクティブトルクコントロール4WD」。「S-VSC」(ステアリング協調車両安定性制御システム)とともに、車両安定に寄与すべく、電動パワーステアリング(EPS)とブレーキ制御(VSC、ABS)、駆動力制御(TRC)、前後輪トルク配分を行う電子制御カップリングを、それぞれ協調コントロールする。

さらに、急坂を降りる際に四輪ブレーキ油圧を自動制御する「ダウンヒルアシストコントロール」、坂道発進時に車両のズリ落ちを防ぐ「新ヒルスタートアシストコントロール」など、さまざまな電制装置を備える。

(webCG 有吉)




トヨタ自動車:
http://toyota.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RAV4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る