第238回:奇説!クルマはミソラーメンと同じ!?カーインプレッションはなぜつまらないのか?

2005.11.11 エッセイ

第238回:奇説!クルマはミソラーメンと同じ!?カーインプレッションはなぜつまらないのか?


第238回:奇説!クルマはミソラーメンと同じ!?カーインプレッションはなぜつまらないのか?

■実はクルマは面白すぎる!?

えー、唐突ですが、ここで長年暖めてきた持論(奇説!?)を展開いたしましょう。
ここ数年、いや10数年、自動車専門誌が面白くないという話があります。特にインプレッションだよね。足がカタイだ柔らかいだ、エンジンがよく回るだ回んないだ、曰く「いまさらそんなこと言ってる時代じゃない!」と。「今はそんなんじゃ人はクルマを選ばない」「今のクルマはよくできててどれでもいいから興味がもてない」「クルマはもはや味わいの無い“シロモノ家電化”した」ってのがよくある公式見解。確かにそれは一理あり。言えてます。

でもね。ほかにも理由があると思うんだよね。それは「クルマが面白すぎる」ということ。クルマっていう商品は、実に偉大で本当に面白く、魅力がある。走って楽しく、見て美しく、持って価値あり、多人数で楽しく移動できる。こんな商品なかなかありません。ようするに、それに対して俺たちマスコミ側が甘んじちゃってるって面があるんと思うのよ。

同じような例として“ミソラーメン”ってのがあります。
とあるラーメンマンガで感動した話があるんだけど、それは「ミソが美味すぎる」という話。俺は勝手に納得したのだが、ミソラーメンは醤油や塩に比べ、当たり外れが少なく、平均的に美味い。逆をいえば、とびきり美味いミソラーメンというのは珍しく、理由は“ミソという調味料が本質的に美味すぎるから”というのだ。多少のスープや麺のデキ、不デキを “ミソ”という歴史の長い調味料が包み込んでしまい、平均化してしまう。それはミソという調味料の凄さ、力がゆえだと。なるほど。わかる気がしますな。


第238回:奇説!クルマはミソラーメンと同じ!?カーインプレッションはなぜつまらないのか?

■花を開かせるためには

でね。クルマも全く同じだと思うのよ。つまり“クルマ=ミソ説”? いや、“インプレ=ミソラーメン説”かな!?クルマという商品が本質的に力があり、魅力的であるがゆえ、どんな原稿でも“それなりに”読ませてしまう。具体的には、クルマに関する素直な描写、詳細な報告、つまりテクニカル原稿で十分だということ。
実際さ。その商品が魅力的であればあるほど、それがどういう特性を持っていて、どういうデザインで、どういう質感、色なのかを語るだけで読者は満足させられちゃうじゃない。

逆に言うとクルマにまつわる原稿で、凝った原稿は求められず、エッセイなども少なく、同時に面白い原稿を書こうという努力もなされないと。そういう悪循環な図式があるんですね。たぶん。で、我輩、小沢コージはそれに挑戦しているのだと!? のはははは……、手前“ミソ”な話ですが。
でもね。マジメな話、クルマを語る原稿は、もっと工夫し、切磋琢磨されなければいけないんだと思うんですよ。そうすればいつか“花開く”、この業界も本当に盛り上がると! あー、早く俺もヒット飛ばして〜!?

(文と写真=小沢コージ/2005年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』