【スペック】全長×全幅×全高=4400×1830×1395mm/ホイールベース=2530mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(260ps/6300rpm、32.8kgm/4500rpm)/価格=607万円(テスト車=645万3500円)

アルファ・スパイダー 3.2 JTS Q4 ディスティンクティブ(4WD/6MT)【ブリーフテスト】

アルファ・スパイダー 3.2 JTS Q4 ディスティンクティブ(4WD/6MT) 2006.12.09 試乗記 ……645万3500円総合評価……★★★★1966年に「アルファ・ロメオ・デュエット・スパイダー」がデビューして40年の今年、最新の「アルファ・スパイダー」が発表された。その「スパイダー」という名前にスポーツカーを期待していたリポーターは、各所の豪華さにとまどう気持ちを隠せなかったようだが……。


軽量、小型のスポーツカーが懐かしい

「アルファ・スパイダー」は世代を重ねるごとに、大きく重い方向に“進化”してきた。そして今やマセラティの領域にまで迫る。アルファファンとしての希望をいえば、あと200kgは減量してほしいところだ。しかしながらユーザーも年々トシをとるわけで、いつまでも若い頃と同じままでは商品性が追いつかないということなのだと思う。ユーザーの嗜好もトシと共に変わる。スパイダーにスポーツカーの面影を重ねて見るのは我々世代までなのだろうか。現代の若いユーザーの嗜好はより豪華でリッチな感覚をもつ高級指向なのだろう。軽く簡単ならば手動こそベストと思う幌も、今では電動格納でなければ時代遅れなのだ。そうしたものすべてを否定する気はないが、本質的に軽量、小型を旨とするスポーツカーも様変わりしつつあることを実感させられる。



アルファ・スパイダー 3.2 JTS Q4 ディスティンクティブ(4WD/6MT)【ブリーフテスト】の画像
「ブレラ」と違い2シーターの「スパイダー」。フロントシート後ろには、十分にものが置けるスペースと、その下には蓋付きの小物入れが備わる。

「ブレラ」と違い2シーターの「スパイダー」。フロントシート後ろには、十分にものが置けるスペースと、その下には蓋付きの小物入れが備わる。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1994年に発表された「アルファ・スパイダー」に代わり、2006年ジュネーブショーで発表されたのが現行モデル。従来型が「アルファGTV」と兄弟関係だったように、今作は「アルファ・ブレラ」と基本コンポーネンツを共用する。デザインはブレラをジウジアーロが担当したのに対し、スパイダーはピニンファリーナのエンブレムを携える。エンジンは2.2リッター直4と3.2リッターV6、2種の直噴ユニットをラインナップする。
(グレード概要)
直4搭載グレードは前輪駆動だが、V6はブレラや159同様にトルセン式センターデフを持つ四輪駆動となる。「3.2 JTS Q4ディスティンクティブ」は、18インチタイヤを装着し、フロントにはブレンボ製の4ポッドキャリパーも採用。アンチスピンデバイスのVDCやサイドエアバッグ、左右独立式のロールバーなどの安全装備はグレードによる差がなく、標準で備わる。なお、3.2リッターV6モデルは現在のところ6段MTのみだが、のちに6段ATが追加されると噂される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
正面に大型の丸2つのメーター、コンソールに丸3つの小メーターはアルファの伝統的なレイアウトである。これ自体はスッキリ見やすいが、数字がボヤッとした薄いグレーで、点灯させないと読みにくい。アルファらしい凹凸造形による迫力はあるが、覇気が薄まってしまった。ステアリングホイールのグリップは太過ぎ、3本スポーク上のアルミ装飾板は大きくやや目障り。装飾過多に感じる。
(前席)……★★★★★
シートの座り心地は上々。座面の長さもたっぷりあるし、後傾斜角度も適切。表皮の革は滑りやすいのが相場ながら、表面クッション部分はソフトで沈み込みによるホールド感あり。ヘッドレストはやや遠い。イタリア車は手のリーチが遠いわりには足のペダルが近いものが多いが、これは調整しろもおおきく、ストレートアームのポジションが自然にとれる。
(荷室)……★★★★
外見的にはデッキも高く、ボリューム感のあるヒップながら、電動格納型の分厚い幌を備えるため、現実のトランク容量は限られる。しかしトランク容量を必要とする時には幌を上げて使えばいい話で、収容能力の絶対値としては不足なし。スペアタイヤを備えない容量はかなり広いとさえいえる。ただし開口部の敷居は高く、重量物の出し入れはひと苦労。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
3.2リッターV6に6段マニュアルの組み合わせならば、動力性能に不足なしと思って乗ると期待は裏切られる。見てのとおりの肥満体は空車で1830kgもあるのだ。この重量は運動性能にとってマイナス。ただしエンジンのスムーズさや、ストレスなく6000rpmまで使えてシフトを楽しめるという点ではアルファの名に恥じない。6段のギア比についてはもう少し下3つをクロースさせて、重量対策をしてほしいところ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
ここでも1830kgの重さがキャラクターを決めてしまう。乗り心地は思いのほかしっとりと重厚。ハンドリングは軽快さこそ殺がれるものの、アルファらしいロール感からは接地性の確かさが認められる。スパイダーの武器はショートホイールベースにあり、重量級なりに連続するコーナーをクリアしていく楽しさは健在。

(写真=高橋信宏)



【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2006年11月17日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年式
テスト車の走行距離:2274km
タイヤ:(前)235/45R18(後)同じ(いずれも、ブリヂストンポテンザRE050)
オプション装備:メタリックペイント=7万3500円/ポルトローナフラウ社製レザー仕上げインテリアトリム(シート/ドア内張/ステアリング/シフトノブ)+パワーシート(運転席:ドアミラー連動メモリー機能付)+3段階調節式シートヒーター=31万円
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(5):山岳路(2)
テスト距離:324.8km
使用燃料:60.1リッター
参考燃費:5.4km/リッター


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【レビュー】 2016.1.29 試乗記 アルファ・ロメオのコンパクトなミドシップスポーツカー「4C」に、オープンエアモータリングを楽しめるロールトップの「スパイダー」が登場。オープンモデルならではのスタイリングや、クーペからのドライビングフィールの変化について報告する。
ホームへ戻る