「BMW 5シリーズ」、367psの新V8エンジンら加わる

2005.11.11 自動車ニュース

「BMW 5シリーズ」、367psの新V8エンジンら加わる

BMWジャパンは、アッパーミディアムサルーン「BMW 5シリーズ」の装備を変更するとともに、新しいV8ユニットに変えた「540i」「550i」をラインナップし、2005年11月9日に発売した。

既に「6シリーズ」や「7シリーズ」で投入済みの新型V8エンジンが2種類。トップグレードたる「550i」(960.0万円)に搭載される4.8リッターユニットは、これまで「545i」に載っていた4.4リッター比で34psパワーアップし367ps/6300rpm、トルクは4.1kgm太くなり50.0kgm/3400rpmとなった。
いっぽう「540i」(850.0万円)に搭載される4リッター版は、306ps/6300rpm、39.8kgm/3500rpmというアウトプットとなる。

装備面での変更は、「DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)」を全車に採用。加えて、従来オプションだった盗難防止装置「アラート・システム」と、エンジン始動&停止のスタート/ストップボタンを全車に標準で与え、操作系インターフェイス「iDrive」コントローラーのデザインを変更するなどした。

(webCG 有吉)

BMWジャパン「5シリーズ」:
http://www.bmw.co.jp/Product/Automobiles/5/saloon/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る