【スペック】全長×全幅×全高=4550×1730×1470mm/ホイールベース=2715mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/3500〜4000rpm)/価格=644万7000円(テスト車=654万8850円/ETC=2万8350円/メタリックペイント=7万3500円)

メルセデス・ベンツ C280 4マティック ステーションワゴン アバンギャルド(4WD/5AT)【短評(前編)】

“コンパクト”の価値(前編) 2005.11.08 試乗記 メルセデス・ベンツ C280 4マティック ステーションワゴン アバンギャルド(4WD/5AT)……654万8850円新開発のV6を投入して、気筒数&排気量とともにグレードアップをはたした、ベンツのエントリーサルーン「Cクラス」。3リッターV6を積む4WDワゴンのデキやいかに?

願わくばこのままの大きさで

やれ小ベンツだの退職者のためのメルセデスだのと、190シリーズからリネームした途端に揶揄されたり一段低く見られたりしてきたCクラス。だが、2代目も後半に入った最近は見違えるように熟成され、このモデルならではと思わせるだけの魅力を備えてきた。
それはズバリ、相対的に小柄なボディの魅力である。BMW3シリーズに代表されるライバルがことごとく肥大化する中、依然として全幅のみ5ナンバー枠をわずかに超える程度のサイズがこの国で扱いやすいのは自明の理だが、それが機械的な洗練や装備/フィニッシュレベルの向上で勇気づけられ、より積極的な価値を生み出しているからだ。そんなCクラスに排気量を増した新エンジンが加わった。テスト車はさらにワゴンの機能性と4WDの安心感を付加、少々高くてもあえてCクラスを選ぼうというオーナーにとっては理想的な1台となるはずだ。

実際、隣にプジョー307ブレークやホンダ・オルティアが収まっている我が家の機械式駐車場では“ベンツ”といえどもそれらと同等かむしろ控えめに見えるのが好ましい。よく切れるステアリングが助けとなって出し入れそのものも楽だ。むろん、この美点は街なかだけのものではない。最初にクルマを受け取ったのは取材の都合上、箱根ターンパイクの途中だったが、それまで乗っていたのが小山のようなSUVだったこともあって気持ちがいいほど引き締まって感じられ、いきなり全開走行に及んでもあたかもライトウェイトスポーツを操るような気安さで走り回ることができた。

実用性と端正な仕上がり

そのぶん、室内スペースが限られるのはやむを得ない。特に前席の居住空間がそうで、縦置きのパワートレーンをカバーするセンターコンソールが膝まで迫っていたり、現代のクルマとしてはドアが比較的近かったりすることにも気づかされる。左ハンドルに限られるため、走行中、道路きわがすぐそばに感じられるのも妙だ。もっとも、BMWと違って重量配分にさほど執着しなかったことが功を奏してか、前56:後44とほどほどのバランスを見せるこのモデルの場合、同じ後輪駆動ベースでも後席やラゲッジルームにはあまりシワ寄せを受けなかったのが幸いだ。リアシートは低めに落とし込まれ、ヘッドクリアランスとレッグルームには充分な余裕があるし、外からは大したことがなさそうに見える“猫背”のリアセクションは、いざテールゲートを開けてみるとなかなかの容量と使いやすさを持つカーゴルームが待ち受けている。

レギュラーサイズのスペアタイアを床下に収め、この点でもランフラットのBMWと好対照をなすCクラスは荷室の広さ自体もさることながら、収納に関するアイデアが豊富で、それでいて乱雑になるのを防ぎ、メルセデスらしい端正な仕上がりを見せている。一時期クォリティの低下が囁かれたメルセデスだが、このところ再び質感が向上、個人的には明るいグレーで統一されたファブリック/人工皮革混成のシートや内装が気に入った。 (後編につづく)

(文=道田宣和(別冊CG編集室)/写真=荒川正幸/2005年11月)

・メルセデス・ベンツ C280 4マティック ステーションワゴン アバンギャルド(4WD/5AT)【短評(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017201.html


 
メルセデス・ベンツ C280 4マティック ステーションワゴン アバンギャルド(4WD/5AT)【短評(前編)】の画像

 
メルセデス・ベンツ C280 4マティック ステーションワゴン アバンギャルド(4WD/5AT)【短評(前編)】の画像

 
メルセデス・ベンツ C280 4マティック ステーションワゴン アバンギャルド(4WD/5AT)【短評(前編)】の画像
写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。
 
写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入 2016.10.25 自動車ニュース アウディが新型「S4/S4アバント」の日本導入を発表した。S4はDセグメントモデル「A4」の高性能バージョンであり、今回の新型では最高出力354ps、最大トルク51.0kgmの3リッターV6ターボエンジンが搭載されている。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る