STIのマフラーで「スバル・レガシィ」のサウンドを心地よく

2005.11.08 自動車ニュース

STIのマフラーで「スバル・レガシィ」のサウンドを心地よく

スバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)は、「レガシィ B4/ツーリングワゴン」専用の「スポーツマフラー」を発売した。対応グレードは3リッターと2リッターの「R」グレード。

主に排気音質の向上を狙った製品で、排気効率や重量はスバル純正部品と同等のまま、NAボクサーエンジンならではのサウンドチューニングを施したという。
常用域で車内へのこもり音が抑えられているのも特徴。

外観は、SUS304ステンレス材を用いた左右振り分けの4本出し。さらにそれぞれのテールパイプにSTIのロゴが刻印され、バックプレートは艶消しブラック塗装となる。

価格は従来よりラインナップするターボ車用と同じく12.6万円。全国のSUBARUディーラーで購入することができる。

(webCG 関)


スバルテクニカインターナショナル
電話:0422-33-7846
http://www.subaru-sti.co.jp/index.html

STIのマフラーで「スバル・レガシィ」のサウンドを心地よくの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る