STIのマフラーで「スバル・レガシィ」のサウンドを心地よく

2005.11.08 自動車ニュース

STIのマフラーで「スバル・レガシィ」のサウンドを心地よく

スバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)は、「レガシィ B4/ツーリングワゴン」専用の「スポーツマフラー」を発売した。対応グレードは3リッターと2リッターの「R」グレード。

主に排気音質の向上を狙った製品で、排気効率や重量はスバル純正部品と同等のまま、NAボクサーエンジンならではのサウンドチューニングを施したという。
常用域で車内へのこもり音が抑えられているのも特徴。

外観は、SUS304ステンレス材を用いた左右振り分けの4本出し。さらにそれぞれのテールパイプにSTIのロゴが刻印され、バックプレートは艶消しブラック塗装となる。

価格は従来よりラインナップするターボ車用と同じく12.6万円。全国のSUBARUディーラーで購入することができる。

(webCG 関)


スバルテクニカインターナショナル
電話:0422-33-7846
http://www.subaru-sti.co.jp/index.html

STIのマフラーで「スバル・レガシィ」のサウンドを心地よくの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る