三菱、「コルト」&「コルトプラス」を一部改良、特別仕様車も

2005.11.08 自動車ニュース
 

三菱、「コルト」&「コルトプラス」を一部改良、特別仕様車も

三菱自動車は、コンパクトハッチ「コルト」と、そのワゴンたる「コルトプラス」を一部改良、特別仕様車とともに2005年11月4日に発売した。

 

花粉やダニなどを抑制するという「バイオクリアフィルター」を全車に標準装備。加えてサイド&カーテンエアバッグの一部グレードへの標準装備、4WD仕様車でも「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」達成などが主な内容だ。

また、カラーやスタイルを好みどおりに組み合わせることができる「カスタマーフリーチョイス」はお役ご免。「カスタマー〜」で得られた顧客の傾向を分析して仕様・装備の最適化を図り、コルトは6グレード、コルトプラスは5グレードと一般的なグレード展開とした。

価格は、コルトが113万4000円から174万3000円まで、コルトプラスは130万2000円から181万6500円まで。

両車に設けられた特別仕様車は、社内女性チームの提案を採用することにより、女性の視点から快適性と利便性を追求した、という三菱お得意の手法を用いた「リラックスエディション」(126万円〜)。
さらにもう1台、スポーティグレード「ラリーアート」に2DINタイプのAV一体型DVDナビゲーションを追加するなどした「ラリーアートナビエディション」(186万9000円〜)がある。

(webCG 有吉)

 


三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る