ボルボV70オーシャンレースリミテッド(FF/5AT)/ボルボXC70オーシャンレースリミテッド(4WD/5AT)/ボルボXC90オーシャンレースリミテ

青いボルボは海を目指す(後編) 2005.10.29 試乗記 ボルボV70オーシャンレースリミテッド(FF/5AT)/ボルボXC70オーシャンレースリミテッド(4WD/5AT)/ボルボXC90オーシャンレースリミテッド(4WD/5AT)……495万円/618万円/685万円「V70」「XC70」「XC90」の3車種に設定された「ボルボ」の「オーシャンレースリミテッド」に、能登半島で試乗した。限定車ではあるが、同時に2006年モデルとして新たな変更も加えられていた。
【スペック】
V70オーシャンレースリミテッド:全長×全幅×全高=4720×1815×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、22.9kgm/4500rpm)/価格=495万円(テスト車=同じ)
 
【スペック】
	V70オーシャンレースリミテッド:全長×全幅×全高=4720×1815×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、22.9kgm/4500rpm)/価格=495万円(テスト車=同じ)
	 
V70オーシャンレースリミテッドの内装(欧州仕様)
写真=ボルボカーズ・ジャパン
 
V70オーシャンレースリミテッドの内装(欧州仕様)
	写真=ボルボカーズ・ジャパン
	 

30psのアドバンテージ

最初に乗ったのは、「V70オーシャンレースリミテッド」である。輸入ステーションワゴンの登録台数で、圧倒的な1位を保っているボルボの看板車種だ。この限定車はエントリークラスをベースにしているが、実は2006年モデルにはここに大きな変更がある。2005年では140psのモデルがあったが、2.4リッター5気筒エンジンはすべて170psのチューンになった。2005年は同じパワーのものは504万円だったが、アルミホイール、ウッドパネルを標準化した上で454万円という価格設定だからずいぶんお買い得になっている。ほかのグレードでもかなり思い切ったプライスダウンをしていて、V70にかける意気込みが伝わってくる。

この限定モデルでは「さらに102万円相当の装備をつけて41万円高」と謳っており、ボーナス商戦をにらんでの目玉商品なのだろう。かつては殿様商売だった輸入車も、消費者に対してサービスを競うようになってきたのは大歓迎である。ヨットが好きでなくても、ブルーのカラーリングが気に入った人には魅力的だ。

そして、30psのアドバンテージは大きかった。140psモデルでは、山道の上りの追い越しで躊躇せざるを得ない場面に出くわしたものだが、これならば何も問題はない。とりたてて華はないけれど、生活に寄り添うクルマとしていい感じの熟成かげんになってきた。質実と洗練がいいバランスになって、変な気取りも衒いもなく乗れるのがいい。

【スペック】
XC90オーシャンレースリミテッド(7人乗り):全長×全幅×全高=4800×1900×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2130kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4500rpm)/価格=685万円(テスト車=同じ)
 
【スペック】
	XC90オーシャンレースリミテッド(7人乗り):全長×全幅×全高=4800×1900×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2130kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4500rpm)/価格=685万円(テスト車=同じ)
	 
XC90オーシャンレースリミテッドの内装
【XC90の特別仕様・装備】
特別専用色[オーシャンブルーパール]/バンパー&フェンダーカラー/専用シルバーカラー・ドアモールディング/専用エンブレム/専用ドアシルカバー/専用ルーフレール/専用ボディ同色ドアミラーキャップ/専用ボディ同色ドアハンドル/バイ・キセノンヘッドライト/18インチアルミホイール[Atlantis]/ZFサーボトロニック速度感の牛木パワーステアリング/チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフ/専用ブルートーン・アルミニウムパネル/専用キーリング/本革巻ステアリングホイール
 
XC90オーシャンレースリミテッドの内装
	【XC90の特別仕様・装備】
	特別専用色[オーシャンブルーパール]/バンパー&フェンダーカラー/専用シルバーカラー・ドアモールディング/専用エンブレム/専用ドアシルカバー/専用ルーフレール/専用ボディ同色ドアミラーキャップ/専用ボディ同色ドアハンドル/バイ・キセノンヘッドライト/18インチアルミホイール[Atlantis]/ZFサーボトロニック速度感の牛木パワーステアリング/チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフ/専用ブルートーン・アルミニウムパネル/専用キーリング/本革巻ステアリングホイール
	 

XC90で波打ち際ドライブ

珍仏の里、ハニベ岩窟院からしばらくは高速道路で移動したが、海岸線に近くなって一般道におりる。オーシャンレースリミテッドにふさわしいコースが、そこに用意されていたのだ。能登半島の西、羽咋市にある「千里浜なぎさハイウェイ」である。波打ち際の砂浜がクルマの走れる道路となっているという、有名なスポットだ。CM撮影などにもよく使われている。実際に走るのは初めてだったのだが、想像以上に気持ちがいい。片輪を波に洗わせながらしぶきを上げて走行するなんて、イメージビデオの一場面みたいではないか。

砂浜といっても、しっかりと地面は固められていて、FFのV70でもタイヤが沈み込む心配はまったくない。でも、せっかくだからXC90でも走ってみた。おお、こちらのほうがもっと気分がいい。高い視点から波が砕けるのを見下ろしながら、右へ左へステアリングを切ってスラロームを楽しむ。路面のミューは低いのであまり大きなアクションを見せるとトラコンが働いてしまうようだが、もちろん公共の場でそこまで乱暴な運転をしてはいけない。とにかく、安心して乗れたのは確かである。

台風が過ぎた直後だったので、普段よりも波が高かったようだ。空はというと完全無欠なブルーで、オーシャンレースリミテッドの3台を並べての撮影にはおあつらえ向きの舞台が整った。やっぱり、大仏の前よりも大海原をバックにしたほうが青いボルボは映えるようだ。セッティングをしていたら、観光の家族連れにカメラのシャッターを押してほしいと頼まれた。海をバックに撮ってあげようとしたら、わざわざボルボの前に来てポーズをとる。なかなかの人気だ。

【スペック】
XC70オーシャンレースリミテッド:全長×全幅×全高=4760×1860×1560mm/ホイールベース=2765mm/車重=1710kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4500rpm)/価格=618万円(テスト車=同じ)
 
XC70オーシャンレースリミテッドの内装
【XC70の特別仕様・装備】
特別専用色[オーシャンブルーパール]/バンパー&フェンダーカラー/専用シルバーカラー・ドアモールディング/専用エンブレム/専用ドアシルカバー/専用ボディ同色ドアミラーキャップ/バイ・キセノンヘッドライト/17インチアルミホイール[Oreander]/チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフ/専用ブルートーン・アルミニウムパネル/専用キーリング/本革シート/運転席8ウェイパワーシート/CD/MD付ハイパフォーマンス・オーディオシステム
 

毎年着実に改良される

ここで、XC70、XC90両車の2006年モデルについてまとめておこう。XC70のエントリーモデルには7万円のウォールナットウッドパネルが装備しながら価格は据え置き。上級モデルの2.5Tにはアクティブシャシー「FOUR-C」(30万円)を標準装備化した上、価格を15万円下げた。どちらも、4WDシステムが世界初の「プレチャージ式」となったのもニュースである。発進時のレスポンスが向上し、後輪のトルク伝達時間が50パーセント以上短くなったという。

XC90には、5人乗りの仕様がカタログに追加された。こちらもプレチャージ式に進化しているのは同様である。また、新開発のV8エンジンを搭載した最上級グレード「TE」がいよいよ導入される。「トップエグゼクティブ」を意味するこのモデルには、大きな期待が集まっている。

見た目が劇的に変わるわけではないけれど、ボルボの各車種は毎年着実に改良を施されている。細かいところに地道に手を入れて、少しずつ熟成を重ねているのだ。もうやることがないだろうと思っても、次の年にはまた新しい技術が加えられているのには感心する。メーカーの姿勢として、これは高く評価されてしかるべきことだと思う。さすがに地味にやっているだけでは商売にならないから、今回のような限定モデルも発表されるわけだ。V70のことは前述したが、ほかのモデルも装備のわりに割安になっているようだ。ぜひとも、これからもこういったお買い得モデルをどんどん出していってもらいたい。

(文=NAVI鈴木真人/写真=高橋信宏/2005年10月)

・ボルボV70オーシャンレースリミテッド(FF/5AT)/ボルボXC70オーシャンレースリミテッド(4WD/5AT)/ボルボXC90オーシャンレースリミテッド(4WD/5AT【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017315.html

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る