三菱のエンジン、次期「スマート・フォーツー」に搭載

2005.10.29 自動車ニュース

三菱のエンジン、次期「スマート・フォーツー」に搭載

三菱自動車とダイムラー・クライスラー社の子会社であるスマート社は、三菱製のターボエンジンを、スマートの次期「フォーツー」に供給する契約を締結したと、2005年10月28日に発表した。

三菱が2006年1月に発売する予定の新型軽「i(アイ)」に搭載する2種類のエンジンのうち、ターボユニットと同型が、2007年デビュー予定の新型「スマート・フォーツー」に載ることになる。
生産は三菱のパワートレイン製作所である水島工場で行われる。三菱は、今回のエンジン供給によるスケールメリットを活かし、台当たりコストの低減を実現したいとしている。

(webCG 有吉)

三菱のエンジン、次期「スマート・フォーツー」に搭載の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る