【スペック】G 5人乗り:全長×全幅×全高=4640×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1580kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)/価格=264万6000円(テスト車=266万7000円/スライド式トノカバー=2万1000円)

三菱アウトランダーG 5人乗り(4WD/CVT)/G 7人乗り(4WD/CVT)【短評(前編)】

“振れ過ぎ”は許されない(前編) 2005.10.26 試乗記 三菱アウトランダーG 5人乗り(4WD/CVT)/G 7人乗り(4WD/CVT)……266万7000円/306万6000円三菱久々のブランニューモデルとなるSUV「アウトランダー」。「ホンダCR-V」「トヨタRAV4」のモデルチェンジが噂される中、先行デビューのこのクルマが持つ光る部分は?

新奇性に欠けるか……

全長×全幅は4640×1800mm――こんなところからも、いかにもグローバルマーケットを狙ったであろう事がうかがえる、“新生ミツビシ”第一弾のSUVがこのモデル。「プラットフォームもエンジンもトランスミッションも、すべてが新作!」と開発陣が胸を張る、三菱久々のこのニューモデルは、実際に日本デビューの後に欧米、さらにはその他幅広い地域での発売が予定されている世界戦略車だ。

“新感覚の本格オフロードSUV”がコンセプトという「アウトランダー」のスタイリングは、「スマートさとスポーティ性を凝縮したフォルム」がテーマとの事。が、率直なところ僕の目にはそれは、「このタイミングで登場のSUVとしては、ちょっとばかり新奇性に欠けるかな……」とも映ってしまうものでもあった。

もっとも、そうはいってももはや“後が無い”(!)三菱発のモデルとしては、それもやむ無しと解釈の必要があるのかも知れない。同社には、特に不振の続くアメリカでの事業成績をこのクルマによって何としても改善しなければならないという命題があるからだ。冒険心を抑えた言わば“安全パイ”的なこのモデルのルックスというのは、そのまま「アメリカ市場のど真ん中を狙ったもの」とも受け取れるという事。最重要マーケットであるアメリカで堅実に数を稼ぐ必要のある同社にとって、たとえばいきなり「日産ムラーノ」のような、いかにも好みの分かれそうなスタイリングのモデルをリリースする事は、やはりリスクが大きすぎるという判断が成立したはずだ。

囲まれ感が強いインテリア

一方、インテリアのデザインコンセプトも基本的にはエクステリアのそれと共通という。「従来のSUVには無いスポーティさの中に、力強さと機能性を盛り込み、それを端正で緻密なデザインでまとめ上げる」というのがそのテーマだ。
確かに、ダッシュボード周りやドアトリムなどを始め、このクルマのインテリア各部のデザインには「オフローダーに付き物の無骨感を敢えて徹底的に排除したかった」といった雰囲気が漂う。実際、2眼式のメーターやアーム状デザインのセンターコンソールなどはSUV風味を打破するスポーティさを演じるために、「モーターサイクルのイメージを追ったもの」だそうだ。
そうした一方で、正直なところそこには「いつかどこかで見た感じ……」という印象が付きまとうのも事実。少なくとも、あまり“跳んだデザイン”にトライをしなかったのは、エクステリア同様やはり「少しでも幅広いユーザー層から共感を得たい」という思いがあったからではないだろうか。

キャビン空間は大人4人までならばそれ相応のゆとりが感じられるもの。ただし、ベルトラインが高めなので視界の広がりはさほどではなく、SUVの中では比較的”囲まれ感”の強い雰囲気の持ち主だ。ちなみに7人乗り車のサードシートは膝を抱えての“体育座り”でさえ窮屈。あくまで緊急用の域を脱しない代物だ。
(後編につづく)

(文=河村康彦/写真=高橋信宏/2005年10月)

・三菱アウトランダーG 5人乗り(4WD/CVT)/G 7人乗り(4WD/CVT)【短評(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017392.html

【スペック】
G 7人乗り:全長×全幅×全高=4640×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)/価格=266万7000円(テスト車=306万6000円/7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション(TVチューナー内蔵、リヤビューカメラ)[MMCS]+ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム=16万8000円/本革シート=21万円/スライド式トノカバー=2万1000円)

【スペック】G 7人乗り:全長×全幅×全高=4640×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)/価格=266万7000円(テスト車=306万6000円/7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション(TVチューナー内蔵、リヤビューカメラ)[MMCS]+ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム=16万8000円/本革シート=21万円/スライド式トノカバー=2万1000円)


三菱アウトランダーG 5人乗り(4WD/CVT)/G 7人乗り(4WD/CVT)【短評(前編)】の画像


三菱アウトランダーG 5人乗り(4WD/CVT)/G 7人乗り(4WD/CVT)【短評(前編)】の画像


三菱アウトランダーG 5人乗り(4WD/CVT)/G 7人乗り(4WD/CVT)【短評(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱、「アウトランダー」を一部改良し発売 2017.2.16 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月16日、SUV「アウトランダー」に一部改良を実施するとともに、新グレード「20Gナビパッケージ」を設定し、同年3月2日に発売すると発表した。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る