【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
トヨタ FSC

2005.10.25 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」トヨタ FSC:セダンか、ミニバンか? もう迷う必要はない

スタイリッシュなセダンと、ユーティリティに優れるミニバンの良さを兼ね備えた新スタイルを提案するスタディモデル。



 

■トヨタの新しい提案が勢揃い

毎回、多数のコンセプトカーを出展し、他メーカーを圧倒するトヨタは、今回も6タイプのコンセプトモデルで、クルマの新たな可能性を提案する。このなかには、「エスティマハイブリッドコンセプト」「bBコンセプト」「RAV4コンセプト」のような市販を前提としたモデルもあれば、環境を配慮した燃料電池ハイブリッド車「ファイン-X」、一人乗りの「i-swing」といった近未来の自動車像を見せてくれるものもある。さらに、セダンとミニバンの良さを併せ持つスタイルにより新しいカテゴリーを提案する「FSC」など、明日からのクルマが勢揃い。これらすべてに共通するテーマは「エコ×エモーション:環境と感動」である。



 

■セダンとミニバンのいいとこ取り

このうち、これまでありそうでなかったスタイルが「FSC」。FSCとは「Flexible Saloon Concept」の略で、優雅なスタイルと快適さを備えるセダンに、ミニバンの優れたユーティリティを与えた新しいカテゴリーのモデルである。全長4670mm、全幅1800mm、全高1520mmという数字だけ見ると、ミディアムサイズのセダンを想像するだろう。しかし、実際のフォルムはスタイリッシュなワゴン。しかも、いまままでにないクリーンで躍動的なエクステリアデザインが特徴的だ。これは「わくわくさ(VIBRANT)と爽やかさ(CLARITY)を両立し、生活が楽しくなるような」トヨタのデザインフィロソフィ「VIBRANT CLARITY」を表現したものである。



 

■特徴的なキャビンは癒しの空間

FSCの室内は、大人4人が快適に過ごせる空間を実現する。キャビンには独立した4人分のシートが用意され、それぞれの乗員が最適な姿勢を取ることを許している。また、高級、上質な空間を目指したとはいえ、クールさやスマートさといったこれまでとは異なる尺度でインテリアを発想したのが新しい。キャビンの広がりを演出するために、一見浮いているようなインストゥルメントパネルや薄型シートを配置。さらに、ドアトリムに照明を埋め込んだり、天井にスポットライトを配するといった光の演出によって、ラウンジのように落ち着いた心地よい空間をつくりあげている。

■3つのスタイルを実現するフレキシブルサードゾーン

そして、FSC最大の特徴が、セダン、ワゴン、ミニバンに三変化する「フレキシブルサードゾーン」だ。キャビンの後ろ3分の1の形状を用途によって自在に変化させるこの仕組み、独立したトランクを確保する「セダンモード」を基本としながら、突然乗員が増えたときに対応できるよう、ワンタッチでトランクをサードシートにする「ミニバンモード」や、大きな荷物を収納するための「ワゴンモード」など、セダンではなし得ない高いユーティリティを誇っている。セダン並みの低い全高も手伝って、これまでミニバンはほしいがサイズやスタイルの理由から諦めていた人には、うれしい提案となるだろう。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。