【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
ホンダ・スポーツ4コンセプト

2005.10.25 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ホンダ・スポーツ4コンセプト:スポーツカーに負けない楽しさをセダンで実現

4ドアセダンでも、4人乗りでも、乗員すべてが走る楽しさを体験できるスポーツカーが「スポーツ4コンセプト」だ。

■ホンダのテーマは“feel FINE!”

たとえミニバンでも、ホンダの手にかかればスポーツカーを運転するような楽しさが体験できてしまう。そんな根っからのクルマ好きたちが“feel FINE!”を合言葉にコンセプトモデルをつくった。ちなみにFINEは、独創的な発想や革新技術、心動かすデザインの“FINE TECHNOLOGY”によって、誰もが気持ちよく走れる時間“FINE TIME”を手に入れること。それはクルマのスタイルとは無縁で、燃料電池車の「FCXコンセプト」でも、新発想ワゴンの「W.O.Wコンセプト」でも、セダンの「スポーツ4コンセプト」でも目指すところは同じ。なかでもとびきりスポーティなコンセプトモデルがスポーツ4コンセプトなのだ。

■アコードをベースにさらなる楽しさを模索

全長4580mm、全幅1850mm、全高1360mm、ホイールベース2700mmというサイズのスポーツ4コンセプトは、現行の「アコード」をベースに、スタイリッシュなフォルムと最新技術を与えて、さらなる楽しさを模索するものだ。一見クーペと間違えそうなスタイリングだが、よく見ると正真正銘の4ドアセダン。ドアノブの代わりに開閉用のボタンを目立たないように配置。さらに、小さなキャビンとウェッジシェイプを強調したボディラインにより、低重心・低慣性をイメージするフォルムを実現している。このイメージが次期型アコードに受け継がれるかどうかは不明だが、こんなセダンなら、見るだけでもワクワクしてくる。

■ドライバー以外も楽しめる快適な室内空間

セダンである以上、ドライバーだけが楽しむことは許されない。そこでスポーツ4コンセプトでは、用意した4人分のシートをすべて独立のバケットシートとして、助手席でも、後部座席でも、スポーティな感覚を味わえるようにしている。さらに、ルーフのほぼ全面がガラスで覆われたスカイルーフは、4席別々に開閉が可能なパーソナルスカイルーフ。開閉は電動で、乗員それぞれが気分にあわせてオープンエアモータリングの爽快感を楽しむことができるという。クーペに加えて、オープンカーの醍醐味をも手に入れてしまった欲張りなセダンなのである。

■自慢の走りをSH-AWDが実現

もちろん、スタイリングや室内のユニークさだけがこのクルマの特徴ではない。ホンダのスポーツモデルに期待される走りにも最新の技術が盛り込まれている。その最たるものが、すでにレジェンドに搭載されて高い評価を得ているSH-AWD(四輪駆動力自在制御システム)。前後輪の駆動力を適切配分するだけでなく、後輪の駆動力を左右で調節することによって、ドライバーの腕によらず、レベルの高いコーナリングを実現する。それがより身近なモデルに搭載されるというのは歓迎すべきこと。さらに、インテリジェント・ナイトビジョンシステムやプリクラッシュセーフティなどにより、安全性も高めている。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

 


 


 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。