【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
三菱コンセプト-X

2005.10.25 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」三菱コンセプト-X:次期ランサーエボリューションが見えてきた

三菱の人気モデル、ランサーエボリューションの次期型を見据えたスタイルと機能を具現したコンセプトカー。

■リアリティ溢れるショーカーばかりがステージを飾る

かつては未来技術満載のコンセプトカーがステージを飾った三菱も、このところはすっかり現実路線を歩んでいる。今回、メインステージでスポットライトを浴びるのは、デリカのコンセプトモデルの「コンセプト-D:5」、2003年の東京モーターショーにコンセプトカーとして登場した軽自動車「i」、そして、次期ランサーエボリューションのスタディモデルの「コンセプト-X」。デリカは2006年にモデルチェンジを控えており、このコンセプト-D:5のエッセンスが受け継がれるというし、iは来年1月に発売が予定されている。そして、コンセプト-Xも2007年のランサーエボリューションのデビューを念頭においてつくられた、リアリティ溢れるコンセプトカーなのだ。

■Xが意味するのは10代目のランエボ

それはこのクルマのネーミングからもわかる。X(エックス)は10代目ランサーエボリューションのX(テン)でもあるのだ。1992年9月に初代ランサーエボリューションが登場してからというもの、WRCでの活躍に呼応するように、三菱を代表するスポーティなモデルとして進化を重ね、現在のランサーエボリューションIXに至るのはご存じのとおりだ。当然、ファンならずとも新型の登場を心待ちにしているわけだが、10代目はまったく新しいボディと機能を手に入れ、大きく進化することをこのコンセプト-Xは示している。全長4530mm、全幅1830mm、全高1470mmは次期ランサーをベースとしており、現行モデルに比べると精悍でスタイリッシュなフォルムを手に入れている。

■新開発の2Lターボと2ペダル6段マニュアルを搭載

搭載されるエンジンは、新開発の2リッター直列4気筒DOHCターボ。オールアルミ製のこのエンジンは従来の鋳鉄製に比べて軽量化が図られ、スポーツカーの命ともいえる車両の回頭性向上に寄与するはずだ。スペックは明らかにされていないが、当然、現在の性能を超えること予想される。さらに、可変バルブタイミング機構「MIVEC」により、全域にわたりフラットで豊かなトルクを発揮する。組み合わせられるトランスミッションは、クラッチ操作が不要な、いわゆる2ペダルマニュアル。自動変速も可能だが、ステアリングホイールに設けられたパドルを操作すれば、意のままにギアとエンジンを操ることができるのだ。

■雪道でも乾燥路と同じ運転感覚を目指す

そのパワーを伝えるのは、三菱が得意とするフルタイム4WDシステム。すでにランサーエボリューションIXでも、「スーパーAYC」と「ACD」により、タイヤの能力をバランスよく最大限に活用するAWC(All Wheel Control)思想を推し進めてきたが、このコンセプト-Xではそれをさらに一歩進めたS-AWC(Super All Wheel Control)を提案。これは4WD制御システムに加えて、ブレーキ、ステアリング、サスペンション、エンジンなどを総合的にコントロールするもので、「雪道でも乾燥路を走る感覚」を目指したという。これにより、意のままの操縦性と卓越した安定性を実現するというコンセプト-Xの走りに期待である。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」三菱コンセプト-Xの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」三菱コンセプト-Xの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」三菱コンセプト-Xの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」三菱コンセプト-Xの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。