【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」
ポルシェ・ケイマンS

2005.10.25 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンS:第4のポルシェはボクスターベースのピュアスポーツ

ポルシェの世界が一歩近づいた。ボクスターから生まれた新しいクーペ「ケイマンS」が早くも日本で一般公開。

■絶好調のポルシェが放つ新たなスポーツクーペ

景気停滞が叫ばれるドイツにあって、昨年度は対前年比15%アップの販売を記録し、ノリにのるポルシェ。その原動力は、リニューアルおよびラインアップ強化を図る「911」に、正常進化を遂げた「ボクスター」、新しい顧客層を開拓した「カイエン」。つまり、すべてのモデルで成功を収めているわけだが、これに追い打ちをかけるように9月のフランクフルトモーターショーで発表されたのが「ケイマンS」である。日本でも受注が始まっているが、早くも東京モーターショーで一般公開がスタート。ポルシェ第4のモデルへ人々の関心は非常に高く、日本でのヒットはほぼ確実である。

■ようこそポルシェワールドへ

ご存じのように、このケイマンSは、ポルシェのミドシップオープンスポーツであるボクスターをベースに、固定式ルーフとテールゲートを与えたクーペモデルだ。日本では6段マニュアルと5段ティプトロニックを選ぶことが可能で、価格はそれぞれ777万円と819万円。これはボクスターSの同じトランスミッションの仕様よりも82万円高い。価格だけで見ると、ボクスターと911のギャップを埋めるモデルということができるのだが、ポルシェのクーペがほしいという人にとっては、911カレラよりも300万円以上も安い、格好のエントリーモデルということになる。

■伝統のフラット6をミドシップマウント

ケイマンSに搭載されるのは、ポルシェご自慢の水平対向6気筒、いわゆるフラット6だ。ボクスターSの3.2リッターエンジンをベースに、排気量を3.4リッターまでアップするとともに、911シリーズに採用される可変バルブタイミング&リフトシステムの「バリオカムプラス」を搭載することで、最高出力295ps/6250rpm、最大トルク34.7kgm/4400-6000rpmという高い性能を実現している。これをボクスター同様、座席とリアアクスルの間に配置し、重量バランスの最適化が図っている。また、基本的にはボクスターと同じデザインのサスペンションとなるが、ケイマンではボクスターよりもハードに設定される。

■スポーツ走行をさらに楽しくする装備も

加えて、クーペ化によるボディ剛性のアップが効いて、ある部分では911を凌ぐほどのハンドリング性能を手に入れたという。ポルシェスタビリティマネージメントシステムは標準装備。スイッチひとつで快適性重視のスポーティなモードと飛び切りスポーティのモードとを切り替えることができるPASM(ポルシェアクティブサスペンションマネージメント)や、セラミックブレーキも用意している。インテリアデザインはボクスターに倣うが、大型のテールゲートが備わることでリアのラゲッジスペースは260リッターにアップし、フロントの150リッターのスペースとあわせてユーティリティは向上。クーペファンには見逃せないモデルなのである。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像


 
【東京モーターショー2005】「コレはゼッタイ」ポルシェ・ケイマンSの画像
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る