【東京モーターショー2005】ヒュンダイは「グレンジャー」で存在感を示す!

2005.10.24 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】ヒュンダイは「グレンジャー」で存在感を示す!

ヒュンダイブースでは、3人の韓国人ダンサーが前衛的なダンスを披露。そろそろ飽きたかなと思った頃、2台のクルマのベールが降ろされた。

伸び悩む日本市場について、「わが社が最後に進出した先進国で、世界一厳しいユーザーのいる市場だが、欧米市場同様、いずれは成功したい」と述べたヒュンダイ。ブースの目玉は「グレンジャー」と「ネオス3」。

グレンジャーは、「XG」に代わる同社のフラッグシップセダン。新開発の3.3リッターV6オールアルミエンジンが搭載される。先日、日本へ導入された「ソナタ」とのファミリーであることがわかるボクシーなスタイル。都市部に多い個人タクシー業者は大注目のはずだ。日本導入は来春予定。

ネオス3は、同社がCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)と呼ぶSUV。コンセプトカーの段階だが、現実味を帯びた外観をしており、将来、近いスタイリングで発売されることが予想される。幕張(千葉)で開催中のモーターショーということもあってか、同社が千葉に持つデザインセンターでデザインしたことを強調していた。4.6リッターV8エンジンを搭載するほか、プリクラッシュセンサーや赤外線ビジョン、トラックボールで操作するカーナビなどを備える。

アメリカや中国などを中心に、今や海外生産台数が年50万台に達するグローバルメーカーとなったヒュンダイ。グレンジャー導入によって、全盛のプレミアムセダン市場で存在感を示すことができるか、注目だ。

(NAVI塩見)

 
【東京モーターショー2005】ヒュンダイは「グレンジャー」で存在感を示す!の画像
関連記事 ホームへ戻る