【東京モーターショー2005】オペル「普段見られないラインナップを見るチャンス!?」

2005.10.21 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】オペル「普段見られないラインナップを見るチャンス!?」

オペルのプレスブリーフィングでスピーチを行ったのは、GMアジアパシフィック(GMAP)のJ・ハント社長である。GMグループの一員として、GMと同じ時間帯につづけて開かれた。

■新「ザフィーラ」は来年早々日本上陸

スピーチでは、日本初上陸となる新型「ザフィーラ」と「アストラ・ツイントップ」が紹介された。

2代目ザフィーラが日本で初めて公開された。150psを発生する2.2リッター直噴エンジンを積み、価格は269〜299万円、発売は2006年1月上旬を予定しているという。

先月のフランクフルトショーで発表されたアストラ・ツイントップは、30秒で開閉が可能な3分割ハードトップと、クローズ時440リッター、オープン時でも200リッター以上が確保されるというトランクが自慢だ。2007年春には欧州で発売される予定だそうだ。

オペルのブースには、普段あまりお目にかかることのできない(!?)「シグナム」や「アストラワゴン」も展示されており、今回のモータショーは最新のオペルラインナップを一気に見ることのできるチャンスでもある。

(NAVI 吉岡)

 
【東京モーターショー2005】オペル「普段見られないラインナップを見るチャンス!?」の画像

スピーチを行ったGMAPJ・ハント社長。
 

	スピーチを行ったGMAPJ・ハント社長。
	 

日本初上陸の2代目「ザフィーラ」
 

	日本初上陸の2代目「ザフィーラ」
	 

すでに高い完成度を持っていた「アストラ・ツイントップ」
 

	すでに高い完成度を持っていた「アストラ・ツイントップ」
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • オペル・アストラカブリオ(4AT)【試乗記】 2002.2.27 試乗記 オペル・アストラカブリオ(4AT)
    ……339.0万円

    2002年2月25日、千葉県は木更津にてオペルの4シーターオープン「アストラ カブリオ」の試乗会が開かれた。今回はいつもの短評とはちょっと毛色を変えて、頼りになる姉さん、自動車雑誌『NAVI』の竹井あきら編集部員と、webCG大澤俊博の対談形式でオペルのニューモデルをチェックします。


  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る