【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」
ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

2005.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

自動車ジャーナリストが気になるクルマを紹介する「オレはこう見る!」。ルノーブースの目玉たるのは主力ルーテシア、なかでも中央に鎮座したのは、スポーティバージョンたる「ルノースポールコンセプト」である。



 

■密度の濃いコンパクト

「ルノースポール」として誇張された部分もあるが、ベースになった新型クリオ(ルーテシア)そのものがグッドデザインである。個人的にクルマとしてはプジョーのほうが好きであっても、スタイリングに関してはルノーに好感をもっている。抑揚のある凹凸を随所に活かした処理は、小型車にとっては原価の高そうなプレスではあるが、それゆえに手抜きのない主力商品としての密度の濃さが感じられる。

プレーンな面を多用したシンプルなデザインが流行った時代もあったが、サイズが小さいだけで自動車全体を主張するには、抑揚のある造形のほうがパネルの強度も高そうだし立派にみえる。この立体的な造形こそルケモン時代の象徴であろう。やり過ぎると厭味になりかねないが、今度のクリオはほどほどのところにある。



 

しいて難点を探せば、やや幅広くなりすぎたボディにより鈍重な感じが増したところか。一方、安定感はたしかにある。最大のライバルたるプジョー307系が大きくなったことへの対応策でもあるのだろうが、スリムな外寸ゆえにクリオを支持する人もいたはずだ。307の成功をルノーがどう評価しているのか、そのあたりの事情を今度のクリオのサイズアップが語っているような気がする。

(文=笹目二朗)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る