【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」
ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

2005.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

自動車ジャーナリストが気になるクルマを紹介する「オレはこう見る!」。ルノーブースの目玉たるのは主力ルーテシア、なかでも中央に鎮座したのは、スポーティバージョンたる「ルノースポールコンセプト」である。



 

■密度の濃いコンパクト

「ルノースポール」として誇張された部分もあるが、ベースになった新型クリオ(ルーテシア)そのものがグッドデザインである。個人的にクルマとしてはプジョーのほうが好きであっても、スタイリングに関してはルノーに好感をもっている。抑揚のある凹凸を随所に活かした処理は、小型車にとっては原価の高そうなプレスではあるが、それゆえに手抜きのない主力商品としての密度の濃さが感じられる。

プレーンな面を多用したシンプルなデザインが流行った時代もあったが、サイズが小さいだけで自動車全体を主張するには、抑揚のある造形のほうがパネルの強度も高そうだし立派にみえる。この立体的な造形こそルケモン時代の象徴であろう。やり過ぎると厭味になりかねないが、今度のクリオはほどほどのところにある。



 

しいて難点を探せば、やや幅広くなりすぎたボディにより鈍重な感じが増したところか。一方、安定感はたしかにある。最大のライバルたるプジョー307系が大きくなったことへの対応策でもあるのだろうが、スリムな外寸ゆえにクリオを支持する人もいたはずだ。307の成功をルノーがどう評価しているのか、そのあたりの事情を今度のクリオのサイズアップが語っているような気がする。

(文=笹目二朗)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
ホームへ戻る