【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」
ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

2005.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

自動車ジャーナリストが気になるクルマを紹介する「オレはこう見る!」。ルノーブースの目玉たるのは主力ルーテシア、なかでも中央に鎮座したのは、スポーティバージョンたる「ルノースポールコンセプト」である。



 

■密度の濃いコンパクト

「ルノースポール」として誇張された部分もあるが、ベースになった新型クリオ(ルーテシア)そのものがグッドデザインである。個人的にクルマとしてはプジョーのほうが好きであっても、スタイリングに関してはルノーに好感をもっている。抑揚のある凹凸を随所に活かした処理は、小型車にとっては原価の高そうなプレスではあるが、それゆえに手抜きのない主力商品としての密度の濃さが感じられる。

プレーンな面を多用したシンプルなデザインが流行った時代もあったが、サイズが小さいだけで自動車全体を主張するには、抑揚のある造形のほうがパネルの強度も高そうだし立派にみえる。この立体的な造形こそルケモン時代の象徴であろう。やり過ぎると厭味になりかねないが、今度のクリオはほどほどのところにある。



 

しいて難点を探せば、やや幅広くなりすぎたボディにより鈍重な感じが増したところか。一方、安定感はたしかにある。最大のライバルたるプジョー307系が大きくなったことへの対応策でもあるのだろうが、スリムな外寸ゆえにクリオを支持する人もいたはずだ。307の成功をルノーがどう評価しているのか、そのあたりの事情を今度のクリオのサイズアップが語っているような気がする。

(文=笹目二朗)

関連キーワード:
ルーテシアルノー東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る