【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」
ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

2005.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「笹目二朗はこう見る!」ルノー・ルーテシア ルノースポールコンセプト「密度の濃いコンパクト」

自動車ジャーナリストが気になるクルマを紹介する「オレはこう見る!」。ルノーブースの目玉たるのは主力ルーテシア、なかでも中央に鎮座したのは、スポーティバージョンたる「ルノースポールコンセプト」である。



 

■密度の濃いコンパクト

「ルノースポール」として誇張された部分もあるが、ベースになった新型クリオ(ルーテシア)そのものがグッドデザインである。個人的にクルマとしてはプジョーのほうが好きであっても、スタイリングに関してはルノーに好感をもっている。抑揚のある凹凸を随所に活かした処理は、小型車にとっては原価の高そうなプレスではあるが、それゆえに手抜きのない主力商品としての密度の濃さが感じられる。

プレーンな面を多用したシンプルなデザインが流行った時代もあったが、サイズが小さいだけで自動車全体を主張するには、抑揚のある造形のほうがパネルの強度も高そうだし立派にみえる。この立体的な造形こそルケモン時代の象徴であろう。やり過ぎると厭味になりかねないが、今度のクリオはほどほどのところにある。



 

しいて難点を探せば、やや幅広くなりすぎたボディにより鈍重な感じが増したところか。一方、安定感はたしかにある。最大のライバルたるプジョー307系が大きくなったことへの対応策でもあるのだろうが、スリムな外寸ゆえにクリオを支持する人もいたはずだ。307の成功をルノーがどう評価しているのか、そのあたりの事情を今度のクリオのサイズアップが語っているような気がする。

(文=笹目二朗)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る