【東京モーターショー2005】今後もGM車は日本で展開!

2005.10.21 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】今後もGM車は日本で展開!

先日のスバル(富士重工業)との提携解消が注目されるGM(ゼネラルモーターズ)であるが、結局10月19日の東京モーターショープレスブリーフィングでは、そのことについての説明はなく、燃料電池などの環境問題解決策が打ち出されただけだった。

■2010年までに燃料電池車を実用に

驚くほど密集したブースだ。それがGMブースの第一印象である。

それもそのはずで、隣のスバル・ブースと同程度の面積にコルベット、ハマー、キャデラックはもちろん、オペル、サーブと5ブランドがまるごと収まっているのだ。
その密集状態のなかでGMグループのプレスブリーフィングが行われた。

注目は、今年のデトロイトショーで発表された燃料電池車「シークエル」である。GM本社の研究開発・戦略企画担当であるローレンス・D・バーンズ副社長の話では、「2010年までに、持続力でもパフォーマンスでも現行の内燃システムにひけをとらない」という目標を掲げる。
現在では1回の水素供給で最大480kmの走行が可能。0-96km/h加速も10秒以内でパフォーマンスに見劣りするところはない。

■クルマよりも注目されたこと

そのほかにも先月のフランクフルトショーで発表された「キャデラックBLS」や、2006年1月にリリースを控える「キャデラックSTS-V」、つづく2月に発売予定の「コルベットZ06」も紹介された。
耐久レースのノウハウを盛りこんだコルベットZ06は、511psを発生する7リッターV8エンジン「LS7」を積み、オーバーフェンダーで武装した姿は明らかに隣に並ぶ「C6」とはオーラの出方が違った。

ブリーフィング後、来日しているGM本社の役員がそこかしこで囲まれて取材を受けていた。「いすゞやスズキとの提携は継続するのか?」など、様々な質問を投げかけられていたのだ。一部報道によると、継続すると明言されたようだが、GMにとっては厳しい質問があいついだようだ。

(NAVI 吉岡)

 
【東京モーターショー2005】今後もGM車は日本で展開!の画像

日本初お目見えの燃料電池車「シークエル」
 

	日本初お目見えの燃料電池車「シークエル」
	 

「STS」よりもひとまわり小さいのが「BLS」。スポーティな佇まいである。日本での発売は未定。
 

	「STS」よりもひとまわり小さいのが「BLS」。スポーティな佇まいである。日本での発売は未定。
	 

張り出したオーバーフェンダーがただならぬ雰囲気を出している「コルベットZ06」
 

	張り出したオーバーフェンダーがただならぬ雰囲気を出している「コルベットZ06」
	 

「STS-V」
 

	「STS-V」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。