【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」
アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」

2005.10.21 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」

自動車ジャーナリストが気になるクルマを紹介する「オレはこう見る!」。「勢いまかせ!」の小沢コージが、気になるクルマをチェック!



 

■ほどよい“濃さ”とリアリティ

いやぁ東京モーターショー、なかなかよかったです。プレスデイ、空いてて。どういう風の吹き回しか、今年はカメラ小僧とか、直接関係ないメーカーの人を厳しく制限したそうで場内はガラガラ。本来のプレスデーを楽しめました。
内容も個人的には凄く良かった。というのもあんまり「絵に描いたモチ」というか、ウソくさいコンセプトカーがなかったし、「リアル」を感じられた気がするんだよね。
目玉が多過ぎないのも良かった。「日産GT-Rプロト」とか「レクサスLF-Sh」ぐらいでさ。

メチャクチャなまけモノ発言ですけど、ネタが多すぎるのって好きじゃないのよ。できがどんなによくても「楽しい」が「ツライ」になってしまう。焼肉食べ放題とまったく同じ。どんなに美味しいものでも、ある一定以上の量は「不味い」になってしまう。人間、記憶の限界ってのがありますから。



 

■非常によろしい!

ところで気に入ったのはアストンマーティンV8ヴァンテージ。すでに発表されてるモデルだけど、よかったなぁ。問答無用のカッコよさ!
理由を考えるとキモは“凝縮感”。ただでさえカッコいいヴァンキッシュやDB9のテイストを、さらにギュッっと濃縮した感じで、見た時の“小せぇ”感が非常によろしい。空冷時代のポルシェ911が持ってた感覚と似てるよね。小さくて高性能。その昔のソニー製品と同じで“持ってるだけで嬉しい”とか思ってしまいます。

エンジンは潤滑系がドライサンプで、アルミモノコックシャシーで、トランスアクスルってのも“イイ物”感があって、これまた非常によろしい。
細かく言えば、あのセクシーなリアフェンダーも良かった…うぅ。とりあえず“飼って”置きたくなります。

一方、同じデザイナーさんが担当したであろうニュー「ジャガーXK」……驚くほどカッコ悪いです。なんでだろ。
ま、とにかくちょっと欲しいなぁ、ヴァンテージ。カネないけどさ。

(文と写真=小沢コージ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加 2017.6.29 自動車ニュース 英アストンマーティンは2017年6月28日(現地時間)、「DB11」に4リッターV8ツインターボエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。最高出力510ps、最大トルク675Nmを発生。0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)の動力性能を誇る。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る