【スペック】3.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(256ps/6500rpm、33.7kgm/3250rpm)(欧州仕様)

アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(前編)】

アバントを脅かす(?)オールラウンダー(前編) 2006.05.27 試乗記 アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)セダン、アバント(ワゴン)、S6に次ぐA6シリーズ4番目のラインナップが「オールロードクワトロ」だ。人気を集めた前作を2代目は超えたのか? 先代の簡単な経緯と、新型の概要を説明する。

予想以上に売れた初代

ステーションワゴンにSUVのエッセンスを与えた“クロスオーバー”が、1990年代後半から北米を中心にブームになったのはご存じだろう。これを見逃さなかったアウディは2000年、「A6アバント(ワゴン)」をベースに、オフロード向きに化粧したエクステリアと、車高調節機構付きのエアサスペンションを備えたオールロードクワトロを発売する。スイッチひとつで車高が上がり、オフロードに踏み込める機能がウケて、デビューから4年間の累計販売台数は予想をはるかに上回る9万台を記録。フォーリングスの成功作になった。

そのオールロードクワトロが、A6アバントのフルモデルチェンジを追うように2代目に進化した。ボディを取り囲むようなプロテクターとアンダーガードを備えたエクステリアデザインや、車高調節機能を持つエアサスペンションが与えられるコンセプトは初代同様。一方、エクステリアデザインの方向性は、これまでとちょっと異なる。ベースのA6アバントに比べて“ワイルドさ”を前面に押し出した初代とは違い、縦の線を強調した専用のシングルフレームグリルをまとう新型は、むしろ優雅な雰囲気が漂う。オプションでプロテクター類をボディ同色にした仕様なら、なおさらその印象は強い。ちなみに、インテリアはいつものA6アバントとほぼ変わらぬデザインだが、このへんは初代の手法を受け継いでいる。

「アダプティブ・エアサスペンション」は標準

初代オールロードクワトロで導入された「4レベルエアサスペンション」は、進化を重ねて「アダプティブ・エアサスペンション」となり、フラッグシップの「A8」は全車標準装備。現行A6は標準、またはオプションで装着されるようになった。当然、新型オールロードクワトロには標準装着される。
セダンとアバントの場合は、車高が低い順に“ダイナミック”“オートマチック”“コンフォート”“リフト”の4つのモードが用意されるのに対し、オールロードクワトロではコンフォートとリフトのあいだに“オールロード”モードが追加されているのが特徴だ。

それぞれのモードを簡単に説明すると、まずダイナミックは最も車高が低いモードで、ロードクリアランスは125mm。名前のとおり、スポーツサスペンションとして機能する。コンフォートは車高140mmで、快適性を重視したモードだ。オートマチックは路面や走行状況をコンピューターが判断し、エアスプリングの硬さを自動的に調節。さらに、通常は140mmの車高を、車速が120km/h以上になると15mm低めるのも特徴である。

オールロードモードはオフロード走行に適したモードで、車高は175mmに設定される。だだし、80km/h超では15mm、120km/h超ではさらに20mm車高が下がるから、高速走行時は140mmになるワケだ。さらに、車高のみならず、ESPが“ラフロードモード”に切り替わることも特徴。アンチスピン介入のタイミングが遅らされて、トラクション重視の設定になる。
リフトは最も車高が高いモードで、ダイナミックに対して60mmも高い185mmに保たれる。ただし、リフトはあくまで危険回避的な意味を持つから、車速が30km/hを超えると自動的にオールロードモードに切り替わる。(後編に続く)

(文=生方聡/写真=アウディ・ジャパン/2006年5月)

・アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018185.html


 
アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(前編)】の画像

 
アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(前編)】の画像

 
アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(前編)】の画像

 
アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(前編)】の画像
【スペック】
4.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1880kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9kgm/3500rpm)(欧州仕様)
 
【スペック】
	4.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1880kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9kgm/3500rpm)(欧州仕様)
	 
関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第409回:「アウディQ2」のデザイナー
    若者が求める“クルマ像”を語る
    2017.5.8 エディターから一言 アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る