【東京モーターショー2005】MINI、新バリエーションと初公開のコンセプト

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】MINI、新バリエーションと初公開のコンセプト

2005年10月19日、第39回東京モーターショーのプレスデイ初日。BMWグループのプレスブリーフィングが行なわれ、MINIは1台のワールドプレミアモデルと3台の新バリエーションを出展した。


MINI Concept Tokyo
 

■MINIトラベラーを彷彿

今年に入って9か月間で15万9000台を販売し好調な成長をつづけているMINIは、3つの新しいバリエーションを出展。MINIセブン(MINI Seven)、MINIパークレーン(MINI Park Lane)、MINIチェックメイト(MINI Checmate)である。また、ワールドプレミアモデルとして、昔のMINIトラベラーを彷彿とさせる「MINI Concept Tokyo」を発表した。



 

MINI Concept Tokyoはトランク内にカーゴボックスを設置。サイドウィンドウにスポーツユーティリティボックスなどの便利な収納スペースを持ち、屋根にはテーブルと椅子が収納されている。

(NAVI 奈良場)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。