【東京モーターショー2005】マツダ、スポーツSUV「MX-クロスポルト」は2006年に北米市場へ

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】マツダ、スポーツSUV「MX-クロスポルト」は2006年に北米市場へ

東京モーターショー会場の西ホール、マツダのブリーフィングでは、おだやかな人柄が印象的な井巻社長兼CEOも終始にこやかに、自信を持って、来春発売予定の新型ミニバン「MPV」をまず紹介。いつもの“Zoom-Zoom”を合い言葉に、とても元気な印象を受けた。


【写真上】井巻社長兼CEO
【写真下】MPV
 

スタイリング、ドライビング、パッケージ、と3つのイノベーションをキイワードに開発されたという3世代目のMPVはひと回り大きく、背を低めて誕生。マツダスピードアテンザに次ぐ採用となる、MZR2.3リッター直噴ターボエンジンも興味深いところだ。ターボユニットとしては初めて、環境性能で4つ☆を獲得。開発陣の話では、走ってみれば力強いトルクが自慢とか。


MX-クロスポルト
 

次いで紹介されたのが参考出品車の「MX-クロスポルト」。既存のSUV、トリビュートに較べてグっとスポーツカー領域に踏み込んだ、いわゆるクロスオーバーなコンセプトカーである。これをベースにCX-7を開発し、2006年に北米市場へ導入する予定と明言。ここにって、マツダの新生ラインナップが揃うという。


プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド
 

三つめの話題は環境問題。世界で唯一のRENESIS水素ロータリーエンジンを搭載し、来春リース販売を開始することが決定した「RX-8」、それを発展させた水素ロータリーエンジン+ハイブリッドシステム搭載の「プレマシー」、そしてMZRガソリンエンジン+ハイブリッドシステムの「トリビュート」、と3タイプを紹介した。水素ロータリーは世界で唯一であるがために、他社との技術競争のないことが寂しいか。


先駆(せんく)
 

最後に、マツダブースの華ともいえるコンセプトカー「先駆(せんく)」について説明……するかと思いきや、「まあご覧ください」とばかりにあっさりと紹介して終了。撮影会となった。
この“先駆”、次世代のガソリン直噴ロータリーエンジンとハイブリッドシステムをフロントに納めた、4シーター・ロータリースポーツの近未来像だという。
ではRX-8との棲み分けは? と思うが、先駆はマツダR&Dセンター「横浜」が仕上げた純粋なショーカーとのことで、販売される予定はない。“無垢から削り出した鋼の塊のよう”と謳うシルバー塗装が、デザインを含め印象的だった。

(ken)

関連キーワード:
MPVプレマシーマツダ東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】 2002.5.15 試乗記 マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)
    ……308.8/329.3万円

    “バタ臭い”というか、どうも違和感を禁じ得ないマツダのTVコマーシャル。指を鳴らしながらジャジーに(?)歌ったり、車内でダンスのステップを踏んだり、「なんかズレてない?」と日頃感じているwebCG記者が、ビッグマイナーチェンジを受けたMPVに乗りに行った。


  • 「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場 2017.12.14 自動車ニュース
  • トヨタが「ポルテ/スペイド」を一部改良、特別仕様車も 2017.12.11 自動車ニュース