【東京モーターショー2005】BMW「ハイブリッドでも『駆けぬける歓び』」

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】BMW「ハイブリッドでも『駆けぬける歓び』」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーのプレスデイ初日。BMWグループのプレスブリーフィングが行なわれた。


「3シリーズツーリング」
 

■注目の4台

BMW AG社長のヘルムート・パンケ博士がスピーチに立ち、アジア市場においてこの2年間に30%の伸び率を記録、日本でも前年比13.9%の伸びと好調なことをアピールした。

ブースには「3シリーズツーリング」、コンパクトクラスの1シリーズ「130i」、「Z4クーペ」、そして、「X3」のコンセプトカーが注目を集めていた。


「130i」
 

日本・アジア初披露、3シリーズツーリングは、先代モデルより全長で42mm、全幅で78mm、全高で9mm、ホイールベースで35mm、それぞれ大きくなった。それにより乗員のスペースと荷室が広くなり(+25リッター)、パシッブ・セーフティが向上したという。第4世代目の3ツーリング、まずは「325iツーリング」から導入が始まるという。

1シリーズのトップモデルとなる130iは、コンパクトなボディに、マグネシウム製クランクケースとバルブトロニックを装着する新型3リッター直6(216ps、315Nm)を搭載、0-100kmを6.2秒で加速すると謳われる。
銀のつや消しで塗られたコンセプトカーのZ4クーペは、スポーティな迫力に満ちていた。エンジンは130iに搭載されている新型直6が載る。


「Z4クーペ」
 

コンセプトカー「X3エフィシエント・ダイナミクス」は、直6ガソリンエンジンに加え、電気モーターと電気制御ユニットを内蔵し、通常のバッテリーではなく「スーパー・キャプス」と呼ばれる高出力コンデンサー蓄電装置より電力供給を受ける、アクティブ・トランスミッションが核になる。市販される予定はないが、ハイブリッドでも「駆けぬける歓び」が可能であるとしている。

(NAVI 奈良場)


「X3エフィシエント・ダイナミクス」
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
ホームへ戻る