【東京モーターショー2005】BMW「ハイブリッドでも『駆けぬける歓び』」

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】BMW「ハイブリッドでも『駆けぬける歓び』」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーのプレスデイ初日。BMWグループのプレスブリーフィングが行なわれた。


「3シリーズツーリング」
 

■注目の4台

BMW AG社長のヘルムート・パンケ博士がスピーチに立ち、アジア市場においてこの2年間に30%の伸び率を記録、日本でも前年比13.9%の伸びと好調なことをアピールした。

ブースには「3シリーズツーリング」、コンパクトクラスの1シリーズ「130i」、「Z4クーペ」、そして、「X3」のコンセプトカーが注目を集めていた。


「130i」
 

日本・アジア初披露、3シリーズツーリングは、先代モデルより全長で42mm、全幅で78mm、全高で9mm、ホイールベースで35mm、それぞれ大きくなった。それにより乗員のスペースと荷室が広くなり(+25リッター)、パシッブ・セーフティが向上したという。第4世代目の3ツーリング、まずは「325iツーリング」から導入が始まるという。

1シリーズのトップモデルとなる130iは、コンパクトなボディに、マグネシウム製クランクケースとバルブトロニックを装着する新型3リッター直6(216ps、315Nm)を搭載、0-100kmを6.2秒で加速すると謳われる。
銀のつや消しで塗られたコンセプトカーのZ4クーペは、スポーティな迫力に満ちていた。エンジンは130iに搭載されている新型直6が載る。


「Z4クーペ」
 

コンセプトカー「X3エフィシエント・ダイナミクス」は、直6ガソリンエンジンに加え、電気モーターと電気制御ユニットを内蔵し、通常のバッテリーではなく「スーパー・キャプス」と呼ばれる高出力コンデンサー蓄電装置より電力供給を受ける、アクティブ・トランスミッションが核になる。市販される予定はないが、ハイブリッドでも「駆けぬける歓び」が可能であるとしている。

(NAVI 奈良場)


「X3エフィシエント・ダイナミクス」
 

関連キーワード:
3シリーズ ツーリング1シリーズZ4X3BMW東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • BMW 320i xDriveツーリング モダン(4WD/8AT)【試乗記】 2013.8.22 試乗記 4輪がガチッと路面をとらえる骨太なフィールこそが4WDドライビングの妙味? それとも、今どきの4WDは後輪駆動車のように軽いフットワークを持つべき? ハンドリングに一家言持つBMWは、こう考えている。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
ホームへ戻る