【東京モーターショー2005】BMW「ハイブリッドでも『駆けぬける歓び』」

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】BMW「ハイブリッドでも『駆けぬける歓び』」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーのプレスデイ初日。BMWグループのプレスブリーフィングが行なわれた。


「3シリーズツーリング」
 

■注目の4台

BMW AG社長のヘルムート・パンケ博士がスピーチに立ち、アジア市場においてこの2年間に30%の伸び率を記録、日本でも前年比13.9%の伸びと好調なことをアピールした。

ブースには「3シリーズツーリング」、コンパクトクラスの1シリーズ「130i」、「Z4クーペ」、そして、「X3」のコンセプトカーが注目を集めていた。


「130i」
 

日本・アジア初披露、3シリーズツーリングは、先代モデルより全長で42mm、全幅で78mm、全高で9mm、ホイールベースで35mm、それぞれ大きくなった。それにより乗員のスペースと荷室が広くなり(+25リッター)、パシッブ・セーフティが向上したという。第4世代目の3ツーリング、まずは「325iツーリング」から導入が始まるという。

1シリーズのトップモデルとなる130iは、コンパクトなボディに、マグネシウム製クランクケースとバルブトロニックを装着する新型3リッター直6(216ps、315Nm)を搭載、0-100kmを6.2秒で加速すると謳われる。
銀のつや消しで塗られたコンセプトカーのZ4クーペは、スポーティな迫力に満ちていた。エンジンは130iに搭載されている新型直6が載る。


「Z4クーペ」
 

コンセプトカー「X3エフィシエント・ダイナミクス」は、直6ガソリンエンジンに加え、電気モーターと電気制御ユニットを内蔵し、通常のバッテリーではなく「スーパー・キャプス」と呼ばれる高出力コンデンサー蓄電装置より電力供給を受ける、アクティブ・トランスミッションが核になる。市販される予定はないが、ハイブリッドでも「駆けぬける歓び」が可能であるとしている。

(NAVI 奈良場)


「X3エフィシエント・ダイナミクス」
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る