【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主

今回の東京モーターショーにおいてポルシェは7台のクルマ(ケイマンS、4台の911、ボクスター、カイエンターボ)を展示した。そのうち本邦初登場2台の911カレラ4(クーペ&Sカブリオレ)およびケイマンSである。目玉は当然、ケイマンSだ。



 

■話題も内容も力強い

プレスブリーフィングでスピーチを行ったハンス・リーデル副社長(販売&マーケティング担当)は、各車の紹介の前に先日のポルシェによるVW株20%取得を話題にあげ、これが「VWに対する敵対的買収を狙う投資家にたいするポルシェの回答」と述べた。VWからの部品の供給は、ポルシェの総売上の30%近くにもおよび、VWグループの独立性の維持はポルシェにとっても見過ごせない大問題なのだ。


ハンス・リーデル副社長
 

展示車で注目のモデルは先月のフランクフルトショーでお披露目されたケイマンS。フランクフルトで展示されたシルバーメタリックに代わり、今回はコバルトブルーでの登場だ。ミドシップされるエンジンは最高出力295psを発生し、最高速は275km/hにも達するという。これだけの動力性能を持ちながら、リアのトランクスペースにはゴルフバッグが2個収納可能とリーデル氏があえて説明したのは、日本市場を意識したせいだろうか。それとも、スポーツカーとはいえ、実用性は世界的な自動車販売に必須のファクターということか。



 

最後に、2009年導入予定のフロントエンジン4ドアクーペ“パナメーラ”について語られ幕を閉じた。展示車両は販売モデルばかりだが、その内容や話題は、好調ポルシェを反映した力強いものだった。

(NAVI 森本)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る