【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主

今回の東京モーターショーにおいてポルシェは7台のクルマ(ケイマンS、4台の911、ボクスター、カイエンターボ)を展示した。そのうち本邦初登場2台の911カレラ4(クーペ&Sカブリオレ)およびケイマンSである。目玉は当然、ケイマンSだ。



 

■話題も内容も力強い

プレスブリーフィングでスピーチを行ったハンス・リーデル副社長(販売&マーケティング担当)は、各車の紹介の前に先日のポルシェによるVW株20%取得を話題にあげ、これが「VWに対する敵対的買収を狙う投資家にたいするポルシェの回答」と述べた。VWからの部品の供給は、ポルシェの総売上の30%近くにもおよび、VWグループの独立性の維持はポルシェにとっても見過ごせない大問題なのだ。


ハンス・リーデル副社長
 

展示車で注目のモデルは先月のフランクフルトショーでお披露目されたケイマンS。フランクフルトで展示されたシルバーメタリックに代わり、今回はコバルトブルーでの登場だ。ミドシップされるエンジンは最高出力295psを発生し、最高速は275km/hにも達するという。これだけの動力性能を持ちながら、リアのトランクスペースにはゴルフバッグが2個収納可能とリーデル氏があえて説明したのは、日本市場を意識したせいだろうか。それとも、スポーツカーとはいえ、実用性は世界的な自動車販売に必須のファクターということか。



 

最後に、2009年導入予定のフロントエンジン4ドアクーペ“パナメーラ”について語られ幕を閉じた。展示車両は販売モデルばかりだが、その内容や話題は、好調ポルシェを反映した力強いものだった。

(NAVI 森本)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
ホームへ戻る