【東京モーターショー2005】ダイハツ「スモールカーの未来系」

2005.10.20 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】ダイハツ「スモールカーの未来系」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーの中央ホールで、ダイハツ工業のプレスブリーフィングが開かれた。ステージにあげられたのは、市販予定車を含む3台。いずれも得意なコンパクトカーたちである。

■モーターショーの利用法

ブリーフィングの開幕を告げるイメージムービー、ステージ中央に置かれるハイブリッド・オープンスポーツ「HVS」がテストコースを走っている。ステアリングを握るオジサン(失礼!)がドアを開け、カメラの前で微笑んだ……その人が箕浦輝幸社長だったというオチだった。

「スモールカーの近未来系を具体化したモデルを出品しました」という箕浦社長。その1台、HVS=ハイブリッド・ビークル・スポーツは、全長3715mmのボディに1.5リッター直4+2モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。コンパクトでスポーティでエコなオープンという参考出品車である。

いっぽう、エコをもっと推し進めたコンセプトカーが「UFE-III」。このショーではお馴染み、2001年、2003年に出品した「UFE」の第三世代バージョンである。ボディのほとんどを覆う巨大な一枚開きハッチが開き、中からお姉さんが登場。440kgというレーシングカーのようなウェイトのボディを、0.66リッター直3ユニット+2モーターが引っ張り、なんと1リッターで72kmを走るという夢のようなパフォーマンスを持つ。

上記2台と比べ、ぐっと現実的なのが「ESSE(エッセ)」という名の軽。12月にもリリースされる、「『タント』に次ぐ主力モデル」(箕浦社長)である。
さらに来年の発売が決まっているモデルとして、舞台前に飾られた「Bego(ビーゴ)」が紹介された。全長4m以下のコンパクトSUVで、国内をはじめ海外でも販売することを計画しているらしい。

適度に夢グルマを見せ、堂々と市販予定車を宣伝。荒唐無稽なショーカーをつくるより賢い、モーターショーのひとつの利用法といえる。

(webCG 有吉)

 
【東京モーターショー2005】ダイハツ「スモールカーの未来系」の画像

「UFE-III」。リッター72kmで走ると、東京〜京都間だと約7リッターしかガソリンを使わないことになる。
 

	「UFE-III」。リッター72kmで走ると、東京〜京都間だと約7リッターしかガソリンを使わないことになる。
	 

カラフルなカラーリングが特徴的な「ESSE」。12月発売予定の軽で、新しい「TOPAZ KF」エンジンを搭載する。
 

	カラフルなカラーリングが特徴的な「ESSE」。12月発売予定の軽で、新しい「TOPAZ KF」エンジンを搭載する。
	 

こちらも来年リリースを控える「Bego」。正確にはBeとgoの間に三角形が入る。さほど広いとは思えない国内小型SUV市場、狙いは海外マーケットか?
 

	こちらも来年リリースを控える「Bego」。正確にはBeとgoの間に三角形が入る。さほど広いとは思えない国内小型SUV市場、狙いは海外マーケットか?
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。