【東京モーターショー2005】ボルボは4シータオープンの新型「C70」を初公開!

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】ボルボは4シータオープンの新型「C70」を初公開!

東京モーターショー会場の西ホールにて、ボルボのプレスブリーフィングが行われた。白木が敷き詰められ、いかにも北欧らしくナチュラルな雰囲気。目玉は本邦初公開の新型C70。


新型C70
 

プレミアム・オープンカーの2世代目「C70」は新たに電動リトラクタブル・ハードトップを得て、もはや世界の定番となったクーペ・コンバーチブルとなって登場。ボルボのプレスブリーフィングはさながらC70発表会のごとく開発チームが魅力点をアピールした。

力強さを増した最近のボルボ顔は多少好みの分かれるところだが、ピニンファリーナも協力したクーペとオープンとのスタイリング上のスムーズな移行は、ボルボらしくも新しい造形のテールランプとともに、きれいな印象である。
スカンジナビアンデザインを売りにしたインテリアも好印象。ただし、新型C70の日本市場への導入時期は未定だという。


3CC
 

特に解説はなかったが、コンセプトカーとしては「3CC」が控えめに展示されていた。前2人、後ろは大人1人 or 子供が2人乗れる、3人乗りの軽量コンパクトな近未来ファミリーカーである。グライダーの操縦が趣味だというVMCCジェネラルマネジャー、ルンディン氏が手がけたせいか、航空機の雰囲気を醸し出す。



 

インテリアは作りの良さを感じさせた。ただ、青白い光を放つ小さなヘッドライトは、「えっ?ボルボまでもワル顔を目指すのか?」とやや憂慮。絞り込まれたテールエンドゆえ、トランクルームの容量は小さめ。

(ken)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.4.19 試乗記 ……589.0万円
    総合評価……★★★★★

    大がかりなお化粧直しで見た目が変わった「ボルボC70」。その走りと乗り心地はどうなった? “ぜいたくオプション”装備モデルで試した。
  • ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【試乗速報】 2010.3.15 試乗記 ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)
    ……589.0万円

    いちばん優雅なボルボ、4座オープンの「C70」がフェイスリフト。あいにくの雨の試乗でリポーターが気付いたのは……。
  • ボルボ C70 カブリオレ(5AT)【試乗記】 2002.11.20 試乗記 ボルボ C70 カブリオレ(5AT)
    ……530.0万円

    2001年から日本に導入されたボルボ「C70カブリオレ」が、2003年モデルに変わった。まだ街で見かけることも少ない4座オープンに乗って、webCG記者が千葉県は幕張から九十九里浜までドライブした。


  • ボルボC70 T-5(FF/5AT)【海外試乗記】 2006.2.24 試乗記 ボルボC70 T-5(FF/5AT)

    2005年東京モータショーでお披露目された、ボルボのプレミアムオープンカー「C70」がいよいよ日本上陸となる。クーペカブリオレとなった2代目を南国リゾートハワイで試す。


  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
ホームへ戻る