【スペック】4.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1880kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9kgm/3500rpm)(欧州仕様)

アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(後編)】

アバントを脅かす(?)オールラウンダー(後編) 2006.05.29 試乗記 アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)ステーションワゴンとSUVを“クロスオーバー”させた「アウディ オールロードクワトロ」。新型A6シリーズの第4弾は、プラットフォームはもちろん、エンジンも足も洗練されているという。

4.2リッターV8も直噴「FSI」に

(前編からの続き)用意されるエンジンは、ガソリンが3.2リッターV6と4.2リッターV8、ディーゼルが2.7リッターおよび3リッターV6の計4タイプ。このうち日本に導入されるのはふたつのガソリンエンジンで、どちらもティプトロニック付6段オートマチックが組み合わせられる。

3.2リッターV6はこれまでもガソリン直噴(FSI)方式を採用していたが、このオールロードクワトロの登場とともに、4.2リッターV8もFSIへ進化した。バルブ数もシリンダーあたり5つから4つに変更されている。直噴式を採用したことで圧縮比が11.0から12.5に高められ、最高出力350ps/6800rpm、最大トルク44.9kgm/3500rpmを絞り出すようになった。

いい意味で普通になった

日本からイタリアへ、往きのフライトでオールロードクワトロのスペックを頭に叩き込んで、北イタリアのリゾート地、ボルツァーノで行われる試乗会に臨んだ。空港の駐車場から、まずは3.2リッターV6エンジン搭載車をピックアップし、さっそくアウトストラーダに向かう。

サスペンション設定は、一般的なオートマチックモードから試したが、そのフラットで快適な乗り心地は期待以上だった。というのも、初代のオールロードクワトロでもオンとオフの両立は図られていたが、高速では車高の高さを意識するような動きが残り、フラットさが多少不足気味だったからだ。その点、新型はA6アバントから乗り換えても違和感がなく、225/55R17サイズのタイヤが装着されていたことも手伝って、不満のないレベルに仕上がっていた。それは高速道路に較べればラフな一般道でもいえることで、段差などを越える場合にタイヤがバタつくことこそあれ、ふだんは快適な乗り心地を保つ。

アウトストラーダを離れ、ワインディングロードに入ったところでサスペンションをダイナミックに切り替える。すると新型オールロードクワトロは、ロールを抑えたスポーティな動きで、ステアリングを握る私を驚かせた。A6アバントからオールロードクワトロに変身する際に「失ったものはない……」と思わされる。3.2リッターV6は、1800kgのボディを駆るのに不足はなく、低速からトルク豊かでスムーズであり、5000rpmを超えてもなお気持ちよく吹け上がる。

A6アバントの出番は!?

4.2リッターV8に乗り換えると、当然ながら、さらに太いトルクが全域にわたるのが印象的だ。しかも、以前のV8に比べてスムーズさはさらに増した。従来、高回転まで回すと高まったV8サウンドは控えめになり、エンジンとして格段に洗練された印象である。唯一気になったのが、V8モデルには245/45R18のタイヤが装着されるため、17インチに比べてバネ下重を意識させられること。それでも十分許容できるレベルに収まっているのだが。

ところで、試乗会にも運、不運はある。オールロードを試す絶好の機会、お楽しみの(!?)のオフロードコースは、天候不良によるコンディション悪化のため諦めざるを得なかったのた。オンロードで“オールロード”モードに入れてはおらず、報告できないのが悔やまれる。
とはいえ、多くのユーザーが使うであろうほぼ全域、オンロードでの快適性やダイナミックさはよくわかった。これじゃあ、A6アバントの出番がない? そんな余計な心配をするほど、オールロードクワトロは魅力的である。この秋の日本上陸が、いまから楽しみだ。

(文=生方聡/写真=アウディ・ジャパン/2006年5月)

・アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018184.html



アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(後編)】の画像


アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(後編)】の画像
【スペック】
3.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(256ps/6500rpm、33.7kgm/3250rpm)(欧州仕様)

【スペック】3.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(256ps/6500rpm、33.7kgm/3250rpm)(欧州仕様)


アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(後編)】の画像


アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(後編)】の画像
関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
ホームへ戻る