【スペック】4.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1880kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9kgm/3500rpm)(欧州仕様)

アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)【海外試乗記(後編)】

アバントを脅かす(?)オールラウンダー(後編) 2006.05.29 試乗記 アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)ステーションワゴンとSUVを“クロスオーバー”させた「アウディ オールロードクワトロ」。新型A6シリーズの第4弾は、プラットフォームはもちろん、エンジンも足も洗練されているという。

4.2リッターV8も直噴「FSI」に

(前編からの続き)用意されるエンジンは、ガソリンが3.2リッターV6と4.2リッターV8、ディーゼルが2.7リッターおよび3リッターV6の計4タイプ。このうち日本に導入されるのはふたつのガソリンエンジンで、どちらもティプトロニック付6段オートマチックが組み合わせられる。

3.2リッターV6はこれまでもガソリン直噴(FSI)方式を採用していたが、このオールロードクワトロの登場とともに、4.2リッターV8もFSIへ進化した。バルブ数もシリンダーあたり5つから4つに変更されている。直噴式を採用したことで圧縮比が11.0から12.5に高められ、最高出力350ps/6800rpm、最大トルク44.9kgm/3500rpmを絞り出すようになった。

いい意味で普通になった

日本からイタリアへ、往きのフライトでオールロードクワトロのスペックを頭に叩き込んで、北イタリアのリゾート地、ボルツァーノで行われる試乗会に臨んだ。空港の駐車場から、まずは3.2リッターV6エンジン搭載車をピックアップし、さっそくアウトストラーダに向かう。

サスペンション設定は、一般的なオートマチックモードから試したが、そのフラットで快適な乗り心地は期待以上だった。というのも、初代のオールロードクワトロでもオンとオフの両立は図られていたが、高速では車高の高さを意識するような動きが残り、フラットさが多少不足気味だったからだ。その点、新型はA6アバントから乗り換えても違和感がなく、225/55R17サイズのタイヤが装着されていたことも手伝って、不満のないレベルに仕上がっていた。それは高速道路に較べればラフな一般道でもいえることで、段差などを越える場合にタイヤがバタつくことこそあれ、ふだんは快適な乗り心地を保つ。

アウトストラーダを離れ、ワインディングロードに入ったところでサスペンションをダイナミックに切り替える。すると新型オールロードクワトロは、ロールを抑えたスポーティな動きで、ステアリングを握る私を驚かせた。A6アバントからオールロードクワトロに変身する際に「失ったものはない……」と思わされる。3.2リッターV6は、1800kgのボディを駆るのに不足はなく、低速からトルク豊かでスムーズであり、5000rpmを超えてもなお気持ちよく吹け上がる。

A6アバントの出番は!?

4.2リッターV8に乗り換えると、当然ながら、さらに太いトルクが全域にわたるのが印象的だ。しかも、以前のV8に比べてスムーズさはさらに増した。従来、高回転まで回すと高まったV8サウンドは控えめになり、エンジンとして格段に洗練された印象である。唯一気になったのが、V8モデルには245/45R18のタイヤが装着されるため、17インチに比べてバネ下重を意識させられること。それでも十分許容できるレベルに収まっているのだが。

ところで、試乗会にも運、不運はある。オールロードを試す絶好の機会、お楽しみの(!?)のオフロードコースは、天候不良によるコンディション悪化のため諦めざるを得なかったのた。オンロードで“オールロード”モードに入れてはおらず、報告できないのが悔やまれる。
とはいえ、多くのユーザーが使うであろうほぼ全域、オンロードでの快適性やダイナミックさはよくわかった。これじゃあ、A6アバントの出番がない? そんな余計な心配をするほど、オールロードクワトロは魅力的である。この秋の日本上陸が、いまから楽しみだ。

(文=生方聡/写真=アウディ・ジャパン/2006年5月)

・アウディA6オールロードクワトロ 3.2 FSI(4WD/6AT)/4.2 FSI(4WD/6AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018184.html





【スペック】
3.2 FSI:全長×全幅×全高=4934×1862×1519mm/ホイールベース=2833mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(256ps/6500rpm、33.7kgm/3250rpm)(欧州仕様)





この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6オールロードクワトロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディがRSを超える高性能モデルを日本導入 2016.7.5 自動車ニュース アウディが従来の「RS」シリーズを上回る、さらなるハイパフォーマンスモデル「RSパフォーマンス」シリーズを発表。8月下旬に「RS 7スポーツバック パフォーマンス」「RS 6アバント パフォーマンス」「RS Q3パフォーマンス」の3タイプが発売される。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る