【東京モーターショー2005】シトロエンのフラッグシップ「C6」登場!

2005.10.20 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】シトロエンのフラッグシップ「C6」登場!

小さな「C2」から「C6」までが展示されたシトロエンブースでのハイライトは、やはり、本年3月のジュネーブショーでデビューしたC6である。日本初登場のその姿は、流麗さと斬新さを兼ね備えた、シトロエンの旗艦としての伝統を踏まえたモデルである。


フレデリック・バンゼ海外輸出本部長
 

■シラク大統領もお買いあげ

スピーチに立ったフレデリック・バンゼ海外輸出本部長は、シラク大統領もこのC6の顧客リストに名前が載っていると述べた。これはプライベートカーか公用車かは定かではないが、もし大統領車として採用されるなら、ボディはコーチビルダー、アンリ・シャプロン(まだあるのか?)が架装を受け持つのだろうか。


シトロエンC2
 

ほかにチャーミングなC2、マイナーチェンジを受けたC3、欧州各国で様々な賞を受けたC4なども見逃せないが、やはりここでの見所はC6につきる。なおC6の日本での発売は来年度の予定。

(NAVI 森本)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
  • シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……459.0万円

    1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.11.9 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……710.0万円

    久々の最上級ダブル・シェブロン「シトロエンC6」が上陸した。奇抜なデザイン、お家芸の油圧エアサス、異彩を放つ高級サルーンは、乗り味もきわめて個性的=シトロエン的だった。


  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.12.28 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……682.0万円

    2006年10月25日、大型サルーン「C6」がデビューし、新世代の“Cラインナップ”ができあがったシトロエン。ひと目でわかる奇抜なデザインが印象的だが、乗ってもほかと違うシトロエンらしさがあるのか。
ホームへ戻る