【東京モーターショー2005】プジョー「欧州以外の販売台数が好調」

2005.10.20 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】プジョー「欧州以外の販売台数が好調」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーのプレスデイ初日。プジョーのブースには、猫科の動物をモチーフにしたフロントマスクがずらりと並んだ。

ブースは天然素材や水、植物で構成され、環境への取り組みをイメージさせようとしている。展示内容は事前にリリースがあったとおり「1007」、新型「307」、「407クーペ」の3台がメインであった。

■欧州以外での好調をアピール

プレスブリーフィングでは、1998年からプジョー本社でマネージング・ダイレクターを務めるフレデリック・サンジュール氏がスピーチした。

プジョーの世界全体の販売台数は非常に好調に推移し、2005年の上期の販売台数が過去最高を記録。3期連続で100万台を超えたという。
今年上期の欧州以外の販売台数は36万5000台に達し、これは昨年下期に比べて10.3%の伸びとなるそうだ。
欧州以外の販売台数が昨年の32%から今年35%と伸びたのも好調の要因だと語った。欧州以外の販売台数の全体におけるシェアは8年前と比べて3.5倍に達し、欧州以外の販売がプジョーにとって非常に重要であることを示唆した。

■記者会見後のモニターに釘付け

ブースには今回のプレスブリーフィングで紹介された新型「307」「1007」「407クーペ」が展示されている。これらはいずれも「ドライビングプレジャーを追求するプジョーの姿勢を表すものである」という締めくくりでスピーチは終わった。

しかし、記者個人は会見そのものよりも、その前後に流されていた「907」の映像に釘付けであった。昨年のパリサロンで公開された、500psを発生するV12を積むというスーパーGTカーである。もしかしたら、ブースのどこかに隠してあるのかもしれないと期待したのだが、結局そのような隠し球は発見できなかった。

(NAVI 吉岡)

 
【東京モーターショー2005】プジョー「欧州以外の販売台数が好調」の画像

天然素材と水と植物と。ブースは自然との共生をイメージさせるつくりとなっていた。
 

	天然素材と水と植物と。ブースは自然との共生をイメージさせるつくりとなっていた。
	 

「407クーペ」はセダンと比べフロントのオーバーハングが+5.5cm、リヤが8.5cmといっそうロングに。
 

	「407クーペ」はセダンと比べフロントのオーバーハングが+5.5cm、リヤが8.5cmといっそうロングに。
	 

鮮やかなカラーリングが映えるデザインの「1007」。左右ともにスライドドアで、実物は意外と大きい。
 

	鮮やかなカラーリングが映えるデザインの「1007」。左右ともにスライドドアで、実物は意外と大きい。
	 

関連キーワード:
3071007クーペ407プジョー東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る