【東京モーターショー2005】プジョー「欧州以外の販売台数が好調」

2005.10.20 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】プジョー「欧州以外の販売台数が好調」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーのプレスデイ初日。プジョーのブースには、猫科の動物をモチーフにしたフロントマスクがずらりと並んだ。

ブースは天然素材や水、植物で構成され、環境への取り組みをイメージさせようとしている。展示内容は事前にリリースがあったとおり「1007」、新型「307」、「407クーペ」の3台がメインであった。

■欧州以外での好調をアピール

プレスブリーフィングでは、1998年からプジョー本社でマネージング・ダイレクターを務めるフレデリック・サンジュール氏がスピーチした。

プジョーの世界全体の販売台数は非常に好調に推移し、2005年の上期の販売台数が過去最高を記録。3期連続で100万台を超えたという。
今年上期の欧州以外の販売台数は36万5000台に達し、これは昨年下期に比べて10.3%の伸びとなるそうだ。
欧州以外の販売台数が昨年の32%から今年35%と伸びたのも好調の要因だと語った。欧州以外の販売台数の全体におけるシェアは8年前と比べて3.5倍に達し、欧州以外の販売がプジョーにとって非常に重要であることを示唆した。

■記者会見後のモニターに釘付け

ブースには今回のプレスブリーフィングで紹介された新型「307」「1007」「407クーペ」が展示されている。これらはいずれも「ドライビングプレジャーを追求するプジョーの姿勢を表すものである」という締めくくりでスピーチは終わった。

しかし、記者個人は会見そのものよりも、その前後に流されていた「907」の映像に釘付けであった。昨年のパリサロンで公開された、500psを発生するV12を積むというスーパーGTカーである。もしかしたら、ブースのどこかに隠してあるのかもしれないと期待したのだが、結局そのような隠し球は発見できなかった。

(NAVI 吉岡)

 
【東京モーターショー2005】プジョー「欧州以外の販売台数が好調」の画像

天然素材と水と植物と。ブースは自然との共生をイメージさせるつくりとなっていた。
 

	天然素材と水と植物と。ブースは自然との共生をイメージさせるつくりとなっていた。
	 

「407クーペ」はセダンと比べフロントのオーバーハングが+5.5cm、リヤが8.5cmといっそうロングに。
 

	「407クーペ」はセダンと比べフロントのオーバーハングが+5.5cm、リヤが8.5cmといっそうロングに。
	 

鮮やかなカラーリングが映えるデザインの「1007」。左右ともにスライドドアで、実物は意外と大きい。
 

	鮮やかなカラーリングが映えるデザインの「1007」。左右ともにスライドドアで、実物は意外と大きい。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る